注文住宅の3つのこだわりポイント

注文住宅ブログ注文住宅, 内装・内壁・インテリア, 収納

注文住宅を建てるときのポイント

注文住宅でこだわるべきポイント

注文住宅は施主のこだわりを反映させる「オーダーメイド住宅」です。これが規格住宅との大きな違いで、1番の魅力でもあります。

「こんな家を建てたい」「こんなふうに暮らしたい」という理想があるからこそ、注文住宅という選択を検討しているはずです。

フルオーダー住宅であれば、設計士や住宅メーカーの担当者とゼロからプランを作り上げていきます。

注文住宅へのこだわりは人それぞれです。

部屋数や広さなど、ある程度の条件をクリアし、費用面で折り合いがつけば良いという方もいれば、間取りやデザイン、使い勝手や性能などこだわりを詰め込みたいと考える方もいます。

人によってこだわる部分は違いますが、最低でも下で紹介する3つのポイントには、ぜひこだわってほしいと思います。

注文住宅でこだわりたい3つのポイント

1. プラン(間取り・動線・使い勝手など)

家のプランを立てるとき、まずこだわりたいのが「収納の位置」です。

意外かもしれませんが、収納スペースの位置や使い勝手は思っている以上に暮らしやすさに影響するのです。

SUUMOが実施したアンケート結果でも「収納のつくりで失敗した」という人が最も多いのです。

参照:先輩136人の「しまった!」ランキングでわかった失敗しない間取りのつくり方

収納量が十分でなかったり、使い勝手が悪かったりなどは、実際に使い始めないとなかなか気付きませんが、後悔しないためにも、事前にしっかりした計画を立てておくことが大切です。

家事動線やドア・引き戸の種類をどうするかなどの間取りをしっかり考えておきましょう。

2. 家の雰囲気(デザイン・素材・仕上げ材など)

せっかく注文住宅を建てるなら、間取りだけでなくデザインや素材・仕上げ材にもこだわり、暮らしやすい「家の雰囲気」を作り上げたいところです。

建築会社によって設計・デザイン力に差があるので、設計事例や施工実績などを良く確認し、あなたが理想とする注文住宅を実現できる会社を探し出してください。

洋風か和風か、大きな吹き抜けのある開放的なデザイン、中庭が設けられたデザインなど、注文住宅ならではの「設計の自由度の高さ」をおおいに楽しんでください。

また、見た目だけでなく素材や仕上げ材にこだわれるのも注文住宅ならではの楽しみです。

例えば、無垢材を採用することで、「温もりのある家」を建てることができます。

無垢材を取り入れると、木が持つ温もりや肌触りの良さを楽しむことができます。最近は芳醇な香りを楽しめる檜も人気があり、檜のフローリングを取り入れる方も増えているようです。

また、漆喰や珪藻土など自然素材の塗り壁にすることで、素材が醸し出す雰囲気を楽しめるようなプランも人気が高まっています。

人から見てどう?ではなく、「あなたが本当に長年住みたいと思える家」かという視点でプランを考えてみてください。

3. 性能(耐震・省エネ・気密性・断熱性・設備など)

暮らしやすい住宅の実現には、使い勝手・快適さ・安全性など、さまざまな面での「性能の高さ」が求められます。

特に耐震性と断熱性能、省エネ性能にはこだわりたいところです。

近年は大きな地震が頻繁に起こっており、木造住宅の安全性を疑問視する方も多いと思います。

これから建てる住宅であれば耐震基準はクリアしているはずですが、しっかりと補強しておくことに越したことはありません。

また、快適で暮らしやすい住宅を実現するためにも、断熱性能や省エネ性能にも気を配りたいところです。

「省エネ住宅」や「エコ住宅」という言葉を良く耳にすると思います。これは住宅の断熱性を高めることで、冷暖房の使用を減らせる「高気密・高断熱住宅」を指す言葉です。

高気密・高断熱住宅が持つメリットこちら

気密性・断熱性を高めることで夏の暑さ、冬の寒さを住宅内に侵入させないという効果が得られます。

壁や天井、基礎に断熱材を入れて熱の出入りを少なくし、冷暖房の効率を高めることで電気代の節約につながります。

一定以上の耐震性や省エネ性能を備えた住宅を建てる場合、自治体から補助金が出ることもあるので、上手に制度を活用してください。

他にも、キッチン・バスなど水回りの設備を充実させる。庭やウッドデッキなど外と内部のつながりを良くすることで、快適な住環境を実現することができます。

今日のまとめ

ほとんどの方にとって、住宅は「一生に1度きりの大きな買いもの」です。

そう何度も家を建てる人はほとんどおらず、大抵の人にとって数十年は暮らし続ける場所になります。

そのため、できるだけ「こだわりが反映された家」を実現し、後悔のない家づくりをしたいものです。

ただ、こだわりが過ぎるとお金がいくらあっても足りなくなります。どの「こだわり」を優先するか整理し、予算と相談しながら家づくりを進めていきましょう。