フラット35と民間ローン

フラット35は住宅ローンの横綱的存在

かつての公庫融資が姿を消して、かわりに登場したのがフラット35です。

フラット35は、住宅金融支援機構が民間金融機関などと協力し、2003年に生み出した住宅ローンで、スタート時に返済期間の金利と返済額が確定します。この特徴が支持され、あっという間に広がっていきました。

フラット35は、銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関のほか、ノンバンクなど幅広い窓口での取り扱いがあります。

公的ローンの代表格のようなイメージのあるフラット35ですが、実は新しいタイプの民間ローンで、現在利用できる公的ローンは、財形住宅融資のみとなっています。

魅力ある民間ローンが続々登場

銀行、信用組合、ノンバンク、保険会社などが扱うフラット35以外の住宅ローンを民間ローンといいます。

以前は、民間ローンは公的ローンに比べて金利が高めだったため、まずは公的ローンを検討する人が大多数でした。

民間ローンは、公的ローンを借りられない人や、それだけでは資金が足りない人の受け皿として利用されていたのです。

しかし、規制緩和が進んだことと、金融機関が個人向けの融資に力を入れ始めたこと、公的ローンが縮小方向に進んだことを背景に、民間ローンの利用度はますます高まっています。

各金融機関が競い合って金利設定を低めにしたり、一部の手数料を無料化したりして、個性ある住宅ローンを取り扱っています。