注文住宅の費用・相場は?いくらで建てれるの?

注文住宅の相場

「こだわり」と「費用」のバランスを考える

「注文住宅は一体いくらで建てられるのか?」と疑問に思っている方は多いと思います。

注文住宅は、施主のこだわりを実現するための「オーダーメイド住宅」です。そのため、費用・プランに対する考え方は普通の住宅と大きく異なります。

一概に「◯◯円あれば建てられますヨ。」とは言えません。

結論を言ってしまえば、注文住宅を建てる際に費用や相場を把握することはあまり意味がないと言えます。

なぜなら、注文住宅は施主のこだわりをどこまで実現させるかで費用が大きく変わっていくからです。

また、施工を依頼する会社の規模や組織形態によっても費用は変わってきます。

とはいえ、おおよその相場感くらいは掴んでおきたいと思います。そういうときは、坪単価をベースにして考えてみましょう。

坪単価とは、1坪あたりの建築費がいくらかかるかを表したものです。

例えば、あなたが住んでいる地域の平均坪単価が50万円で、40坪の注文住宅を建てたいなら、少なくとも約2,000万円はかかるという計算になります。

ただし、坪単価ベースで計算した費用はあくまで目安です。実際にかかる費用は住宅メーカーや建物・土地の形状、仕様や設備のグレードで変わってきます。

繰り返しになりますが、注文住宅は施主のこだわりを実現するために建てる「オーダーメイド住宅」です。

こだわりが強いほど当然費用はかかりますし、費用を抑えようとすれば妥協しなければいけない部分も出てきます。

ですので、坪単価や建売住宅の相場は、本当に参考程度にしかならないと考えておいてください。実際に必要な費用は、見積もりを取って初めて知ることができます。

注文住宅の施工先。どこを選べばいいの?

TVCMや雑誌で良く出てくる住宅メーカーは、何となく「大手なんだろうな」というイメージがあります。

そうしたイメージから安心感を抱き、良く目にする住宅メーカーに施工を依頼する方が多いのですが、ネームバリューだけで施工先を選ぶのはNGです。

通常、会社の規模が大きくなれば経費も比例して大きくなります。当然、あなたが目にするTMCMや雑誌への掲載にも経費がかかっています。

経費が大きくなれば、それだけ建築費用が高くなるのです。

それでも、低価格を謳った住宅メーカーが多いのは、徹底した合理化と大量生産・大量販売で建築にかかる経費を圧縮しているからです。

これは決して悪いことではありません。どんな住宅を建てるときも同規格部材を使うため、建築後の修繕や部材交換に対応しやすいですし、一定以上の品質も保たれます。

また、建て方もマニュアル化されているので、職人の技術で仕上がりにばらつきが出る心配も少なくなります。

しかし、施主のこだわりを実現できるのが注文住宅最大の魅力です。

規格化させた住宅の建築・販売をメインにしている住宅メーカーでは、施主のこだわりに対する対応力が低い傾向があることは覚えておいてください。

「注文住宅」にはランクがある

本当の意味での注文住宅は、施主のこだわりを完全に反映させるため、専門家と二人三脚で建てる「フルオーダー住宅」。いわゆる一点ものです。

それに対し、設定された範囲の中で反映させるこだわりを選択するのが「セミオーダー住宅」。大手のハウスメーカーが建てる注文住宅の多くは、このセミオーダー住宅になります。

セミオーダーは、住宅メーカーがもともと持つ技術や商品の範囲で建てるため、品質が安定した住宅を建てることができます。

ただし、その範囲を超えて「こだわり」を反映させようすると、とたんに費用が跳ね上がってしまいます。

大手の住宅メーカーは、組織を維持するために沢山の仕事を並行して手掛ける必要があります。さらに、これまで建てた住宅の保守管理もしなければいけません。

規格外の住宅を建てて欠陥などのトラブルがあると、それに対応するため本来の業務の効率がたちまち落ちてしまいます。

そうならないためにも、マニュアルの範囲で対応可能な住宅づくりをメイン扱っているのです。

言い換えれば、規格住宅やセミオーダー住宅づくりは得意でも、「フルオーダー住宅づくりは苦手」ということになります。

せっかくの生産ラインを活用できず、一棟の住宅を建てるのに多くの手間と時間がかかるからです。

提案される範囲内で住宅を建てるなら、大手メーカーは何より心強いパートナーとなりますが、あなたが建てたい「理想の注文住宅」を建てることができるのかは、また別の話だということは忘れないでください。

「フルオーダー住宅」ならではの費用

1.無垢材などの天然素材

仮に木造注文住宅を建てる場合、木材費の占める割合が大きくなります。

近年の木造住宅は、建物を構成するための柱や梁を、板材を接着して作られる集成体を使っているケースが多く、セミオーダー住宅では集成体が使われることがほとんどです。

無垢材は総じて集成体より材料費が高くなるので、建築費を抑えたいなら集成体の採用はおすすめです。

ただ、無垢材には集成体にない独特の味わいや高級感があるので、「フルオーダー住宅」を建てるのであれば、ぜひ取り入れたい素材の1つです。

最近人気を集めている檜のフローリングなど、きれいな材料はより高い傾向にあります。

適材適所で数種類の無垢材を使い分けることで、費用を抑えることは可能なので、検討してはいかがでしょうか?

2.作り付け家具

注文住宅を建てる際、検討したいのが「作り付け家具です。」

造り付け家具は内装に合わせて作ることができるので、空間に統一感を与えることができますし、デザインにこだわりを反映させることもできます。

ただ、やはり手作りの作り付け家具は費用も高くなるため、悩まれることが多いようです。

住宅メーカーによっては作り付け家具をオプション扱いしており、後から高額な費用を提示されてトラブルになることも少なくありません。

作り付け家具を検討するなら、必ず初めにどれくらいの金額がかかるのか確認しておきましょう。

3.仕上げ材

壁やフローリングなどを希望する素材で仕上げられるのも、注文住宅の大きな魅力の1つです。

床の仕上げには、檜など無垢材が人気を集めていますし、タイルなどは石類で仕上げる方が増えています。

また、壁の仕上げに漆喰や珪藻土などの塗り壁、板張り、デザインタイルを選択する方も多くおられます。

ただ、こうした天然素材の仕上げ材は、ビニールクロスなどに比べ材料費が高いので、予算と相談して検討する必要があります。

もし予算をオーバーするようなら、天然素材で仕上げたい場所に優先順位を付け、妥協できるところを探して費用を抑えましょう。

今日のまとめ

こだわりやアイデアを詰め込んだ理想を具現化できるのが注文住宅の最大の魅力です。ただ、それが過ぎると費用がどんどん大きくなってしまい、計画が破綻することもあります。

まずは、あなたが注文住宅を建てるとき、「これだけは譲れないこだわり」を整理し、綿密な資金計画を立てていきましょう。