必見!!注文住宅を建てるとき予算を100万円削減する方法

注文住宅の見積もり注文住宅, 見積もり・費用, 建築会社選び

注文住宅見積もり

注文住宅100万円削減方法!

注文住宅を建てるさい、「こんな家に住みたい」「理想を反映した家を建てたい」という夢を抱いている人は多いはずです。

住まいへの理想や要望は、考えるほどにたくさん出てくるでしょう。

しかし、予算に限りがある以上、すべての希望や要望を反映させることは難しくなります。そこで、これから建てる注文住宅を少しでも理想に近づけるために、100万円得する家づくりの方法をご紹介します。

外構工事の一時延期

最初の方法は外構工事を中止、あるいは延期する方法です。完全に中止してしまうのも1つですが、一時的に延期し予算が確保できてから改めて工事をおこなう方法もあります。

外構工事も内容によっては100万円を超えることはよくあります。玄関までのアプローチや植栽、駐車場の仕様や規模によっては200万円を超えることも。

この外構工事を中止または延期して建物に使えば、かなりの予算を確保できることになります。

外構に対する強いこだわりがあるなら、仕様レベルを落として我慢するより、延期してしっかり予算を確保してから工事をすれば、無理なく自分のこだわりを反映させることができます。

駐車場が必要であれば、車を停めるスペースだけ舗装しておき、他の部分は改めて工事することも可能です。防犯上の懸念を示す人もいますが、むしろ道路や他の家からオープンにしておくことで、外部の目もあることから車上荒らしや盗難にあいにくくなります。

予算をしっかり確保してから外構工事をおこなうことも検討してみてはいかがでしょうか?

後付けが簡単な設備は後から揃える

外構工事費の削減だけでは予算の確保が難しい場合は、設備面の計画を見直しましょう。

住宅設備機器は1つ1つがそれなりに高額です。そのすべてで希望を反映させたい場合、総額はかなりの金額になります。

よく取られる費用削減方法として、特定の設備を希望のグレードから下げるというものがあります。

特にキッチン・バス・トイレは高額な設備なので、それらのグレードを下げることでかなりの予算削減になることは間違いありません。

しかし、「理想の注文住宅」を手に入れたい人にとって、これらの設備のグレードダウンはなかなか決断しにくいものです。

そこで、後付けや交換が簡単な設備を一時的に格安なもので代用するか、採用を延期することも検討してみてはどうでしょう?

食洗器

たとえば食洗器がその候補に挙がります。食洗器があると便利ですが、商品代と工事費合わせて10万円前後、商品によってはそれ以上の費用がかかります。食洗器の採用を一時的に延期することで、キッチンのグレードを落とさずに済むわけです。

ただ、システムキッチンではビルドインタイプの採用が基本となるので、将来の設置にむけてスペースを確保しておくことが大切です。

コンロ

次に考えられるがコンロです。IHクッキングヒーターやガラストップなど、採用する設備によっては数十万円の費用がかかります。ただ、先に挙げた食洗器と違ってコンロは必需品ですので、予算を無理なく確保できるまで一時的に格安のものを採用するのです。

後付けタイプの格安コンロであれば、1万円でも購入可能な商品がありますし、設置も簡単です。予算が確保できるまでは我慢して、将来コンロを設置するスペースを確保しておけばいいのです。

思い切った削減方法

食洗器やコンロだけでは予算を削減しきれない場合、思い切ってキッチン全体を仮のものにすることも検討してみましょう。

必要最低限の簡単なキッチンであれば、かなり安い予算で設置することができます。キッチンへのこだわりがどうしても捨てきれないのであれば、思い切ってしばらく我慢することも必要です。

とりあえず料理ができる程度のキッチンであれば、ホームセンターなどで商品を探せば10万円以下でも設置可能です。

しばらく我慢が必要ですが、中途半端にグレードを落として不満を抱えながら使い続けるより、将来的に希望したグレードのキッチンを設置するためには仕方がないときもあります。

家具やインテリアの買い替えを延期

それほど大きな予算削減が必要ないときは、家具はインテリアの買い替え時期をずらすことで予算の確保が可能なこともあります。

これまで使っていたものを引き続き使い、余裕ができてから買い替えればいいのです。

冷蔵庫やテレビボードなど、大きなものを継続して使用する場合、将来新しく買い替えたものの設置スペースを考慮して間取りプランを考えましょう。今あるものに合わせてスペースを確保しただけでは、将来買い替えるとき選べる商品の幅が狭くなってしまいます。

日曜大工で予算削減!

日曜大工に勤しんで費用を削減する方法もあります。実際に予算にあまり余裕がない人は、職人と混じって自分で壁の塗装をおこない費用を抑える人もいますし、棚などの収納は材料をホームページで揃え、自作で作る人もいます。

ただ、工事の内容によっては自分でおこなうのが難しいものもあります。自分でできる範囲の見極めが大切です。