住宅ローンの設定条件を確認しよう

住宅ローンの返済プランはよく考えて!

住宅ローンは、広告上の返済プランと実際のプランでは、内容が大きく違うというケースが多々あります。

返済条件や購入後にかかる費用など、広告の返済プランの落とし穴をよく理解しておきましょう。

単刀直入にいうと、広告などによく目にする「家賃程度の負担で購入可能」のフレーズを、そのまま信じることはかなり危険です。

こうした返済額の計算方法は、購入者には見えないカラクリがあるのです。

そもそも、住宅ローンの毎月返済額は、金利をいくらで借りるか、何年で返済するか、ボーナスで返す割合はいくらかなど、設定次第である程度操作できるのです。

たとえば、こうした広告の場合は、返済期間が35年に設定されていることがほとんどです。

仮に、そのプランどおりで40歳の人が借りる場合は、ローンを完済するのは75歳です。

十分な退職金や年金が望めない現代では、退職後に多額の返済を残すのは無謀以外の何者でもありません。

さらに、ボーナス返済の割合がとても高かったり、金利の低い変動金利での計算になっていたりして、広告のプランどおりにはなかなか返済できないということを知っておいてください。

住宅購入後は、持ち家ならではの費用も負担しなければなりません。

代表的なのが固定資産税で、フラット35など、住宅ローンの種類によっては、団体信用生命保険の保険料を支払う必要もあります。

マンションを購入した場合は、毎月の管理費や修繕積立金の負担もあり、これは決して軽い負担とはいえません。

一戸建ての場合には、家屋のメンテナンスにかかる費用もあります。

さらに、賃貸暮らしのときよりも住まいが広くなったり、部屋数が増えたりすれば、それだけ光熱費の負担も大きくなる場合もあります。

住宅を購入するさいには、これらのことも踏まえて、よく考えてから決断したいものです。