注文住宅の建築費の値引き交渉はするべきか

注文住宅見積もり

注文住宅の建築費用はとりあえず値段交渉してみる

注文住宅の見積もりを提示された後、建築費の値引きを多くの人が希望すると思います。

そもそも建築費を値引きしてもらえるかを心配する人も多いですが、実際に多くの人がハウスメーカーや工務店との交渉の末、値引きに成功しています。

むしろ、注文住宅の建築費は値引きされる可能性は高い部類に入ります。

注文住宅を建てるときは、ハウスメーカーや工務店への値引きの依頼は前提として考えましょう。とりあえず、ダメもとでも交渉してみるべきでしょう。

値引き交渉のタイミングは、建設工事請負契約の締結前におこないましょう。契約後では値引きを承諾してもらうには非常に難しくなってしまいます。

ハウスメーカーや工務店は、施主からの値段交渉を想定し、予め値引き額を設定しているところもあります。また、見積もりを提示する際、値引きできることをさりげなくアピールする担当者もいます。

見積もりの多くは、値引きを前提にして制作されることも非常に多いのです。

最初に提示された見積もりに関しては、値引き交渉して当たり前くらいに考えておきましょう。

どれくらい値引きしてもらえるものなの?

ハウスメーカーや工務店への値引き交渉を成功させたとして、どれくらいの値引きになるのか?

施主として非常に気になるところですが、会社によって金額が変わりますし、同じ会社でも交渉する時期やタイミングで変わるので、予測は実質不可能です。

金額や工事の希望・内容、時期によって異なりますが、一般的な値引き率は2.5~10%といったところでしょうか。

しかし、値引きされる金額が高いからお得だとは決して言いきれません。そもそも最初の見積もり金額が相場を大きく上回っているケースもあるからです。

相見積もりなどから相場を読み取るか、専門家のアドバイスを参考にしながら慎重に金額の妥当性を探ったうえで、できる限り妥当な金額で契約を結ぶべきでしょう。

注文住宅建築費の値引き交渉術

1.相見積もりと競争意識

妥当な建築費で契約を結ぶためには、他社との比較が重要になります。他社とも商談しちえること、複数の会社から見積もりをもらうことを担当者に伝えましょう。

相見積もりをとることを失礼と考える施主もいるようですが、決してそんなことはありません。

多額の予算を投じて家を建てるわけですから、相見積もりをとるのは当たり前のことです。

相見積もりをとることで、ハウスメーカーや工務店には競争意識が芽生え、値引き交渉がしやすくなります。

他社と比較することなく、1社だけに限定して話しを進めると、見積もり金額が妥当か判断できませんし、値引き率が小さくなることもあるので注意してください。

値段交渉では最後の一押しが必要

最初の見積もり金額から値引きしてもらえたからと、すぐにその金額で契約するのはオススメしません。値引き可能な金額を意外と大きく設定している会社も多いからです。

依頼先をある程度絞り込んだタイミングで、最後の一押しをしてみましょう。依頼を確定させるために、再度の値引きをしてくれるケースは意外とあります。

値段交渉するときの注意点

1.あまりに無理な要求をすると関係が悪化する

あまりに高い値引き金額を要求すると、ハウスメーカーや工務店との関係はたちまち悪化します。

あまりに常識外れだと認識されてしまえば、その後の交渉では相手にしてもらえなくなる可能性があります。

2.しつこい交渉はNG

何度も断られているのに、しつこく交渉を続けるのも避けるべきです。行き過ぎると依頼自を断られる可能性もあります。

ハウスメーカーや工務店もプライドを持って仕事に臨んでいます。工事を適切におこなうために必要な費用を請求するのは会社として当然の権利です。

断られた後に適切な金額を探るのはいいのですが、何度も同じような高額な金額で値引き交渉するのは避けるべきでしょう。

3.合意した後の値引き交渉もNG

1番やってはいけないのが、合意した金額の破棄と再交渉です。

一度合意した金額から、請負工事直前になってさらに値引きを交渉するのはさすがに非常識です。

信頼関係が崩壊するばかりか、契約自体結んでもらえなくなることもあります。

最低限のマナーや常識を守って、上手に交渉するようにしてください。