ハウスメーカーの見積り

ハウスメーカーの出す見積もりの見方

注文住宅の平面図が決まれば、だいたい1週間程度で見積もりが出来上がります。

よく耳にする「本体価格」には、「付帯工事」と「調査申請費」含まれていません。本体価格には何が含まれているのかをしっかり把握してください。

特別な要望を出していない限り、見積もりは内外装や設備の仕様が標準仕様であることを前提に作成されます。

標準仕様はそのハウスメーカーのもっともコストパフォーマンスに優れた商品が設定されているので、契約時の見積もりは最低限の内容だと考えておいてください。

ハウスメーカーは会社ごとに独自の工法、製品、部材を使用するので、見積もりにはそのハウスメーカー独自の材料と工賃を合わせた「複合単価」で費用が計上されています。

部材だけの単価をバラバラに表記することができないので、異なる構法や仕様が異なるハウスメーカー間や、オープンな市場から材料を調達する工務店とは単純に価格を比較することは出来ません。

ハウスメーカーの見積もりを比較する際には、「何が含まれているか」と「標準仕様の内容」を比較する必要があります。

2018年7月27日ハウスメーカー注文住宅, 建築会社選び