注文住宅を旗竿地に!メリットを活かせれば魅力的な土地だった!


注文住宅を建てるなら、まず建物を建てる土地をキープする必要があります。

土地候補として真っ先に挙がるのは四角形や長方形に形が整えられた整形地ですが、宅地として使いづらいとされる旗竿地であっても、プラン次第で整形地に劣らない魅力を発揮します。

旗竿地が敬遠される1番大きな理由が、竿の部分に当たる部分の使いづらさ。ただ、竿部分を上手に使って、個性的で暮らしやすい注文住宅を建てた人はたくさんいます。

「変形地だから」と最初から候補から外すと、探す土地の幅も狭まります。

どんな土地でも、必ずメリットは存在するものです。見方や人によっては、デメリットがメリットになることも往々にしてあります。

まず「この土地の持つメリットを活かすことで、どんな住宅が建てられるか」という視点で土地を眺めてみてはどうでしょうか。

そもそも旗竿地ってどんな土地?

旗竿地とは、名前のとおり旗竿の形をした土地を指します。

竿に当たる狭い部分が道路側に面しており、その奥まった先に住宅を建てる広い敷地があるのが特徴です。

旗竿地の購入を検討するとき、最初にチェックすべき点が通路になる部分の幅と奥行です。

奥行や幅によって、竿部分の使い方がある程度決まってしまうからです。

十分な幅があれば駐車スペースとして使えますが、車を停めたとき人が通り抜けられない程度の幅では駐車スペースとして利用できません。

幅が十分にあっても、車を停めたとき車体の一部が公道にはみ出すような奥行しかない場合も同様です。

さらに注意したいのは、そもそも道路に面する竿部分の間口が2m未満だと、建築基準法に違反するため、その土地での新築建築や建て替えはできません。

この点は、旗竿地を検討する最初の段階で必ずチェックしておきましょう。

いざその土地を購入しようという段階で「注文住宅を建てられない土地だった!」では、検討していた時間もムダになりますし、また最初から土地探しを始めるハメになります。

ムダに悩んでいた間に、条件の良い土地が他の人に買われていた!では悲しすぎますよね。

そんなことにならないためにも、検討に入る前に確認すべきことはしっかり確認しておきましょう。

旗竿地が持つメリット・魅力

変形地全般にいえることですが、「購入費用が安い」というのが最初に思いつくメリットです。

比較的人気がある地域でも、整形地に比べ2~3割くらい安く買えることが多いようです。

宅地としての資産価値が低いと見なされ評価額が安くなるので、それに比例して固定資産税が安くなるのもメリットの1つです。

また、家を建てる土地が奥まったところにあるので、周囲の喧騒から距離が置けるもの旗竿地ならではのメリットです。

静かで隠れ家的な居酒屋やカフェなどは、この旗竿地が持つメリットを上手に利用した代表例でしょう。

旗竿地のデメリットはプラン次第で解消可能!

旗竿地のデメリットとして良く挙げられるのが、プライバシー確保の難しさです。

旗竿地の住宅を建てる部分、つまり旗に当たる敷地は、基本的に4方を周囲の住宅に囲まれることになります。

そのため、「家のどこに居ても隣家からの視線が気になる」「いつも外から見られている気がする」と感じる人が多いようです。

また、周囲を住宅に囲まれているため、風通しや陽当りが悪くなる傾向にあります。

「プライバシーの確保」「風通し、陽当りの良さ」は、住まいの快適性・暮らしやすさに直結する重要なポイントで、注文住宅づくりを成功させるための欠かせない要素です。

この2つのデメリット同時に解消するおすすめの方法があります。それは「2階リビングにしてプライバシーを、ハイサッシを採用して風通しと陽当りを確保」する方法です。

広さを抑え、あえて3階建て狭小住宅を選択するのも良いかもしれません。

狭小住宅といっても、プラン次第でいくらでも開放的な空間をつくり出すことができます。

「奥まった路地を抜けると、周囲の喧騒と切り離された隠れ家的な3階建て住宅」というのも、注文住宅だからこそ建てられる「あなただけの魅力的な住まい」ではないしょうか。