変形地にもメリットあり!注文住宅を建てる土地候補に入れちゃおう

土地購入のための基礎知識注文住宅, 狭小住宅, 土地選び


注文住宅を建てる土地としてデメリットに目がいきがちな変形地。しかし、よくよく見るとメリットもしっかり存在します。

メリットとデメリットを見比べたとき、メリットのほうが大きく、またメリットを活かせるのであれば、変形地であっても注文住宅を建てる土地として検討する価値は十分にあります。

変形地が持つ1番のメリットといえば、何といっても「購入費用が安い」という点でしょう。

四角形や長方形に整備された整形地に比べて土地としての資産価値が低い変形地は、固定資産税も整形地に比べ安くなります。

変形地から得られるメリット、もたらされるデメリットを把握することで、注文住宅の土地探しの幅が広くなることは間違いありません。

まずはそこを理解し、メリットとデメリット両方を踏まえたうえで、変形地の購入も視野に入れてはいかがでしょう。

狭小地

狭小地から得られるメリットはやはり購入費用の安さが目立ちますが、実はもうひとつ隠れたメリットがあります。

特に都市部でいえることなのですが、「意外と立地や周辺環境が良い」という点です。

面積さえ妥協できるなら、家を建てる場所としての条件の良い土地が意外と多く見つかるようです。

狭小地に注文住宅を建てるなら必然的に狭小住宅ということになりますが、現在は設計・施工技術も高くなっており、プラン次第で狭小住宅内に広い空間をつくることは十分可能です。

最近の狭小住宅のプランとして良くあるのが、「3階建て狭小住宅」を建てるプランです。

特に車を持っている人の場合、2階建て狭小住宅では駐車スペースの確保が難しくなります。

駐車スペースを確保するために、1階部分をガレージにして、ビルドインガレージがある3階建て狭小住宅を建てる人が増えているというわけです。

この傾向は、駐車場代が高くなる都市部に行くにつれ強くなりますが、駐車場を有料で確保することを考えれば、「ビルドインガレージのある3階建て狭小住宅」は十分に有効なプランといえます。

狭小住宅を建てる際の注意点は、建ぺい率と容積率によって、希望するプランで家を建てられない可能性があるということ。

狭小住宅を建てる際は、この2点について「建てたい家を建てられる土地であるか」をしっかり確認しておく必要があります。

傾斜地

傾斜地も狭小地と同様、購入費用が安い傾向があります。

傾斜地と狭小地の最大の違いは「面積が広い、もしくは広げられる」点でしょう。

傾斜地は面積が十分であれば、傾斜部分に切り土や盛土をして平らな部分をつくり、建物を建てられる部分を広げることができます。

このとき注意したい点は「たいらな部分を広げるのにかかる費用」です。

土地の購入費用を抑えるために傾斜地を選んでも、その土地を整備するのに費用をかけた結果、整形地を買うより高ついたのでは元も子もありません。

できれば平らな部分を増やしたいという気持ちはわかりますが、傾斜の角度によっては傾斜を活かした設計も可能です。

たとえば掘り込みガレージをつくって、そのうえに建物を建てることでガレージ部分と2階につくった玄関の両方から出入りできるプランも実例として存在します。

自由な設計を楽しめることが注文住宅の持つ最大の魅力です。

せっかく注文住宅を建てるのですから、整えられた土地に四角形の建物という先入観・セオリーを一度捨てて、自由な発想を持って注文住宅づくりを楽しんでみてください。

今日のまとめ

注文住宅の土地探しでは、変形地は候補から外される傾向になりますが、いびつな形状を逆に活用することで、「オンリーワンの注文住宅」を建てたケースはたくさんあります。

変形地だからと、実際に土地を見ることもなく候補から外してしまうのはもったいない気がします。

変形地では建てられる住宅の形状や大きさに制限がかかりますが、面積が十分あれば、その影響は小さくなります。

正方形や長方形など外観や形が整ったものが「住みやすい住宅」とは限りません。

自由な発想を持って、あなただけのオンリーワン住宅を建てられるのが注文住宅最大の魅力です。

変形地だからこそ実現できる個性的なプランというものもあります。

「土地の形状」にこだわり過ぎずに、「自分が住みたい家を建てられる土地」を意識して、注文住宅の土地探しに取り組んでみてください。