火災保険

火災保険は自分に合ったものを自分で選ぼう

住宅ローンを契約すると、同時に火災保険への加入をすすめられることがあります。

この火災保険、できれば複数の損害保険会社の保険を見比べて、自分に合ったプランを選びたいところです。

火災保険の比較のポイントは、補償内容と価格の2つです。

火災に対する補償が中心のシンプルなタイプと、水漏れや盗難など広範囲の補償をつけているタイプでは、保険料に差が出ます。

また、同じ補償内容でも、保険会社によっては各種割引制度がある場合もありますので、これも併せて確認したいところです。

火災保険は、建物の消耗分が補償から差し引かれる時価契約が一般的です。しかし、それでは同程度の建物を再び建てようとした場合に、補償に不足が出てしまいます。

保険料は別途必要ですが、再調達価額で契約しておくと、建物の再建費用が補償されます。

火災保険で補償されるもの

火災保険は、その補償の範囲で大きく3つに分けられています。

火災保険は、補償内容を絞って保険料も安い保険で、火災や落雷、ガスなどによる破裂や爆発、風、ひょう、雪などによる窓ガラスや屋根の破損などが一定金額までカバーされます。

これに、自動車の衝突事故や、給排水設備の事故による水漏れ、盗難、水害などに対する補償を上乗せしたのが住宅総合保険です。

幅広いトラブルに備えるためにも、この程度の準備はできればしておきたいところです。

各損害保険会社では、さらに家財補償やその他の補償を工夫した新型火災保険も用意されています。