団体信用生命保険料

住宅ローンの返済が免除される生命保険

団体信用生命保険は、契約者に万が一のことがあったときや、所定の高度障害になったとき、ローンの残高相当の保証がされる生命保険です。

団信に加入しておけば、万が一にのときに保険金で住宅ローンの残債がすべて支払えるので、住宅ローンのない家を家族に残すことができます。

一般的に民間の金融機関では、団信への加入が義務付けられているので、健康状態などの問題で団信に加入できなければ、民間のローンは借りることができません。

なお、保険料はほとんどの金融機関で負担してくれるため、契約者が保険料を支払う必要はありません。

一方、フラット35や財形住宅融資では、団信への加入は任意になっています。

団信保険料は自己負担になりますが、団信がネックで民間のローンを利用できない人にはありがた存在となっています。

また、最近の団信は非常に多くのバリエーションがあり、契約者の三大疾病や八大疾病といった病気を保証するだけでなく、リストラなどにあって収入がストップするリスクにも備えられるタイプの住宅ローンが開発されています。

こうしたローンを選んでおけば、たとえば仕事を長期で休んだり、転職を考えなければならにほどの大きな病気をしたり、勤務先が倒産して家計が苦しくなっても、住宅ローンの支払いの心配をする必要はなくなります。

住宅ローンを選ぶときには、どうしても返済する金額に目が行きがちですが、団信に注目して選ぶのも一つの方法となります。