住宅ローンの手続きにかかる手数料

金融機関に支払う事務手数料

住宅ローンの手続きにかかるのが、事務手数料や住宅ローン代行手数料です。

この費用は支払う金融機関や不動産会社によって差があるので、事前によく確認することをおすすめします。

事務手数料には、契約時に3~5万円程度を定額で支払うものと、融資額の1~2%といったように、融資額に応じて支払う2つのパターンがあります。

前者の場合は金額が分かりやすいのですが、後者の場合には注意が必要です。

たとえば融資額が3000万円で、事務手数料のレートが2%の場合には、事務手数料は60万円となり、思っていた以上に高額になるケースが少なくないからです。

一部金融機関が取り扱う民間ローンの中には、事務手数料を無料にしているところもあり、フラット35では取り扱う金融機関によって手数料が異なります。

支払う事務手数料などを金利負担に換算して融資金利と合計したものを実質金利といい、住宅ローンは、単純に融資金利で比較するのではなく、実質金利を見て選ぶ必要があるのです。

不動産業者に支払う事務手数料

住宅を購入する不動産会社に住宅ローンの手続きを任せるときには、住宅ローン代行手数料(住宅ローン斡旋料)がかかる場合があります。

住宅ローン代行手数料は、不動産会社によって必ず請求されるとは限らず、金額も会社によって差があり、一般的には10万円程度となっています。

ごくまれに、この金額を大きく超える法外な費用を請求する不動産会社も存在するので、費用は事前によく確認して、あまりに高額な代行手数料を請求された場合には、そうした業者からの購入を検討しなおすことをおすすめします。