ローン保証料

ローン保証料の形はさまざま

ローン保証料は、連帯保証人を立てずに住宅ローンの申し込みをするときに、ローン保証会社に支払う費用で、このローン保証料の支払方法には、大きく分けて一括前払い型と利息組み込み型の2つがあります。

一括前払い型は、ローン契約時に保険庁をまとめて支払う方法です。

利息組み込み型は、ローン保証料をローンの金利に組み込んで支払う方法で、返済期間中、0.2%を金利に上乗せして支払います。

利息組み込み型は、一時金がかからないことがメリットですが、反面一括前払い型に比べて総返済額が多くなってしまうのがデメリットになります。

ローン保証料の金額は、金融機関がどこの保証会社を利用しているかや、融資額、返済年数、返済方式などによって変わってきます。

また、一部には保証料が無料のローンもあります。

ローン保証料を払っても返済は免除されません

返済期間中に、万が一ローンの返済ができなくなってしまった場合には、ローン契約者に代わって、保証会社が残債を支払ってくれます。

しかし、返済が免除されるわけではなく、ローン保証会社は残債を一括返済した後に、ローン契約者のところに資金の回収にやってきます。

この時にお金が用意できない場合は、住宅を競売や任意売却で処分しての返済を求められます。

つまり、ローン保証料は、ローン契約者のためというよりは、金融機関が資金回収のリスクを背負わないために支払っているもので、その保証料を契約者が負担しているという形になっているのです。