不動産取得税

不動産取得時にかかる不動産取得税

土地や建物を購入したり、家屋を建築したり、贈与などで土地や建物を取得したときに納めるのが不動産所得税です。

不動産所得税は、取得したタイミングで納めるべきもので、登記をしたかどうかは関係がありません。

納税額の計算式は以下のとおりです。

●取得した不動産の価格(課税標準額)×税率

ここでいう不動産の価格とは、原則として固定資産課税台帳に登録されている価格を指します。実際の購入金額や建設工事費とは異なりますので注意してください。

なお、宅地(建物の敷地として利用される土地)については、平成27年3月31日までに取得した場合は、固定資産評価額が2分の1に軽減されます。

不動産取得税の税率は本来4%ですが、平成27年3月31日まで土地や住宅を取得した場合には、税率が3%に優遇されます。

さらに、新築住宅の場合は、床面積が50平方メートル以上であるなどの一定の条件を満たした場合には、不動産の評価額から1200万円を控除することができます。つまり、評価額が1200万円以下であれば、課税対象にならないということです。

注意したいのは、所定の期間内に申告しないと税額の軽減が受けられないこと。ですので、不動産を取得したら速やかに手続きを行ってください。

申告をすると、後日郵送で納税通知書が届きますので、通知書が届いたら役所の窓口や銀行・郵便局の窓口、コンビニエンスストアなどで納税をしましょう。