印紙税と登録免許税

契約時にかかる印紙税

住宅を購入するのにあたり、実にさまざまな契約を結ぶことになります。

具体的には、土地や家を買うときに結ぶ売買契約、家を建てる時に結ぶ工事請負契約、金融機関などで住宅ローンを利用するために結ぶ金銭消費貸借契約などがあります。

こうした契約をするときには、必ず契約書を作成しますが、この契約書には、一通ごとに印紙を貼ることが法律で義務付けられています。

また、契約の種類や取り引き金額によって、契約書に貼るべき印紙の金額も細かく設定されています。

たとえば、住宅ローンを3000万円借りる契約をするときには、契約書一通につき1万5000円の印紙を貼ることになります。

なお、契約書は当事者がお互いに保管するため、2通作成される事になっています。

登記でかかる登録免許税

マイホームは、残金の精算が終わって、引き渡しを受けただけでは自分のものになったとは言えません。

その土地や建物の所有者が誰であるかを明確にするためには、所有者の登記をする必要があります。

登録免許税は、不動産の登記にかかる税金のことで、登録免許税の税率は登記の種類によって異なります。

同じように家を買っても、新築の場合は所有権の保存登記を、中古物件や土地だけを買った場合には以前の所有者からの所有権の移転登記を行います。

登記は自分ですることもできますが、司法書士へ依頼する方法が一般的で、司法書士には報酬として10万円前後のお金と、登録免許税をまとめて支払うことになります。