地震保険

地震保険は火災保険とセット

地震保険は、地震や噴火による火災や津波、損壊などの被害を補償する地震専用の保険です。

通常、火災保険に加入していても、地震を原因とする火災には保険金は支払われません。

この地震保険は、火災保険とセットで加入するもので、単独で地震保険だけに加入することはできません。

すでに火災保険に加入している人であれば、後から追加で地震保険に加入することはできます。

地震保険の契約金額は、火災保険の30~50%となっています。そのため、最大でも建物の半額程度(建物は5000万円、家財は1000万円が限度)までしか補償されません。

さらに、地震保険では損害が「全損」「半損」「一部損」の3ランクで判断されます。

全損は100%、半損は50%ですが、一部損と判断されると、契約金額の5%までしか補償されません。

地震保険料控除で税金を取り戻す

地震保険の保険料は、建物の構造と所在地で決まります。

建物強度の差によって、木造建築の場合は、非木造の約2倍の保険料が必要です。また、地震の多い地域や、将来的に大きな地震が起こるなどの災害が予想される地域では、保険料は高く設定されます。

同じ構造の建物であって、所在地の違いによって、保険料には最大で約3倍の違いがあるのです。

なお、地震保険控除を利用すれば、税金の還付が受けられ、所得税で最大5万円、住民税で最大2万5000円を、総所得金額から差し引くことができます。