理想の注文住宅をつくるのはあなたです

注文住宅ブログ注文住宅

「理想の注文住宅をつくのはあなた」とはいったものの、建築知識もなく大工道具すら持ったことのない人が家を建てるなど現実的ではありません。

では、具体的にどうすれば理想の家を手に入れられるのでしょう?

答えはずばり「知ること」です。

家づくりに必要な正しい知識と最新情報をしっかり把握することが、理想の家を建てる大切な第一歩になるのです。

家づくりを考えている皆さんも、ハウスメーカーのパンフレットやモデルハウスから、家に関する知識や情報はたくさん収集していると思います。住宅雑誌などを購読している方もいると思います。

では、それらのものから得られる知識や情報とはどんなものなのでしょうか?

「最新の住宅機能」「流行りの間取り」「最新のインテリアや使いやすくスタイリッシュなキッチン」「照明器具のデザイン」

恐れくこれらの情報が集まっているのではないでしょうか。

たしかに関心が高まる項目ですが、家づくりにおける重要なことはもっとほかにあるのです。

具体的には「どんな地盤につくられるか」「どんな構造にするのか」「どんな素材を使うか」といった項目です。

家族が毎日過ごす場所なのに、どんな素材が使われ、どのようにつくられるか知らない。家の中身ではなく、表面の情報ばかりに気を取られていては、本当にいい家つくりは到底できないでしょう。

これは、知ろうとしない人にも問題はありますが、それ以上に住まいに関する性能表示がまだまだ充実していないということにも問題があります。

流行や最新設備にこだわるなとは言いませんが、構造や素材は、それ以上に住む人の健康や生命にかかわる重要なことなのです。

本当に知るべき知識や情報を身につければ、自立して家づくりを考えられる強さを得られます。

学び、考え、自分で決めていくことこそが、「あなた自身が家をつくる」ということです。