ウッドデッキがある住宅での暮らし

ウッドデッキのある暮らしを

注文住宅を建てるとき、敷地のスペースに余裕がある場合、ウッドデッキを設置したいという人は多いようです。

住宅にウッドデッキを設置するか検討している人は、メリット・デメリットをよく確認してから設置を検討するといいでしょう。

家にウッドデッキを設置するメリット

1.もう1つのリビングとして活用

ウッドデッキは大抵リビングの横に配置されます。リビングに掃き出し窓を設けて、ウッドデッキに気軽に出られる間取りで、採用する人は多いです。

庭など建物の外部へのアクセスが非常によくなり、リビングと一体感を持たせながら広く使えるのが大きな魅力です。

また、リビングからウッドデッキに気軽の出られるのもこういう間取りにするメリットです。

2.アウトドア感が出る

天気の良い日はウッドデッキに出てランチをとったり、夜風の気持ちいい日にはディナーを楽しめるのもウッドデッキ特有の魅力です。家族でBBQを楽しむのにもうってつけです。

3.洗濯物干しのスペースにも

ウッドデッキを洗濯物を干すスペースとして利用する人もいます。洗濯機からの動線がよければ、バルコニーよりウッドデッキに干したほうがいいでしょう。リビングに近いということもあり、急な雨に降られても手早く取り込められます。

また、庇を設置することで、多少の雨であれば干したままにしておくことも可能です。

4.植栽など趣味を楽しむスペースとして

ウッドデッキでプランターや鉢を使って植栽を気軽に楽しむこともできます。

本格的な庭だと管理が大変ですが、プランターや鉢で気軽にガーデニングを楽しめるものウッドデッキの魅力です。

ウッドデッキを設置するデメリット

1.メンテナンスの手間と費用がかかる

ウッドデッキの設置には当然コストがかかります。また、設置後のメンテナンスの手間やコストも発生します。

ウッドデッキを長持ちさせるのは、日頃の管理とメンテナンスが大切ですから、それらをマメにできないのであればウッドデッキの設置は見送ったほうがいいかもしれません。

2.木製ウッドデッキは腐朽の可能性も

ウッドデッキの材料はさまざまですが、選定はよく考えておこなわないと、管理の仕方によっては腐朽してしまう可能性があります。そうなると撤去するしかなくなり、そのための費用も発生することになります。

3.木製は塗装が大変

木製のウッドデッキを腐朽から守り長持ちさせるには、しっかりと塗装を施す必要があります。塗料は短期間で使い切ることはないので、長期間保管しておくスペースが必要になります。

また、しっかりと保管していても、次に必ず使える状態が保たれている保証はありません。

4.置物化する可能性あり

維持管理が面倒になったり、ほとんどだれも使用しなくなったウッドデッキは、大体物置となってしまいます。

こうなるとリビングからも外からも見栄えが非常に悪くなってしまいますので、本当に長い間使い続けられるのかを設置前によく検討しておきましょう。

5.建物とウッドデッキの関係

ウッドデッキは建物の外壁とほぼ密着して設置されることが多いため、雨水などの排水対策をしっかりしておかないと、建物を傷める原因になることがあります。

また、外壁とウッドデッキの間や周辺の通気が不足していると、カビの発生も招きます。排水と通期はよく考慮してウッドデッキを配置したいものです。

6.視線が気になることも

ウッドデッキはアウトドア感を味わえるのがメリットですが、屋外なだけに外の視線が気になることもあります。隣家から見やすい状態だった場合に気軽に使えないと感じる人も多いようです。

ウッドデッキの設置で抑えておきたい3つのポイント

1.腐朽対策はしっかりと

ウッドデッキには腐朽リスクがあることはデメリットとして紹介した通りですが、腐りにくい材料を使うことで対策を立てられます。

このとき注意したいのが、下地にも腐りづら井材料を使うとこうことです。

防腐剤や防蟻剤には毒性があるため、子供やペットが舐めると大変なので、それらの薬剤を使わなくて済むよう、事前に対策を立てておきたいところです。

2.庇をつけておいたほうがいい

ウッドデッキに庇を付けることで洗濯物を干すスペースとして活用できる、くつろぐときの日焼け防止など多くのメリットが得られます。日照が減るのが嫌であれば可動式の屋根やパラソルの設置を検討してみましょう。

3.延焼に注意する

ウッドデッキでBBQをする人も多いのですが、火を使うため延焼には最新の注意を払いましょう。

住宅と密着して配置することが多いため、ウッドデッキで火災が起こると、そのまま建物に燃え移る可能性が非常に高くなります。

できれば、ウッドデッキでの火の使用は避けるべきでしょう。

スポンサーリンク

いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。