工務店に依頼するメリットとデメリット

工務店のメリット・デメリット

工務店のメリット・デメリットを明確にすることは非常に難しいと言えます。

理由としては、工務店には工務店とはで述べたように様々な形態をとっており、それぞれの規模や経営意識の違いによって各社に大きな相違点が生まれるからです。

ですので、ここではあくまでも一般論としてのメリットとデメリットを挙げたいと思います。

コスト

工務店に注文住宅建築を依頼する時、管理コストの安い小規模な会社であればほぼ原価に近い金額で家を建てられるため、結果として購入費用を抑えることが出来ます。

また、ハウスメーカーのように仕様制限がないため、都市部の狭く複雑な形の土地でも柔軟に対応してもらえるうえ、比較的安い費用で建てることができます。

計画期間も、建築家に依頼して家を建てる時ほど時間がかからないため、仮住まい費用や諸経費を抑えることができます。

工務店で家を建てる時の最大のメリットは、コストパフォーマンスに優れいてる点でしょう。

ただし、土地も合わせて購入する場合は、工務店の設計力によっては購入した土地に完全に対応することが出来ない可能性もあるので、ある程度好条件の土地を用意しなければいけないケースもあり、土地代金と合わせた総額で考えた場合、コスト面でのメリットが相殺される可能性もあります。

デザインと設計の自由度

工務店はデザイン面において法令・予算以外の制約を受けることは一切ありません。

つまり、本体は建築家に依頼して住宅を建てるのよ設計自由度の条件は同じになるのですが、実際にそうと言い切れないこともあるので注意が必要です。

工務店がメインとしている業務は、あくまでも設計ではなく施工のほうです。

また工務店は保守的な傾向にあるので、使い慣れた素材や施工効率、自社が安く仕入れられる素材にこだわる傾向があり、それがそのまま設計の大幅な制限につながる可能性があります。

また、工務店によってはフランチャイズに加入していたり、特定施工・設備を前面に押し出している消すがあり、その場合はハウスメーカーと同様に設計や仕様に制限を受けることになります。

デザインに関してはそれこそピンキリで、デザインにまったく気を配らない工務店もあれば、建築家顔負けのデザイン力を持った工務店まであります。

ただ、デザイン力が突出した工務店はごく一部の例外で、基本的にはデザインを専業とする建築家に比べるとどうしても一歩後ろに下がります。

品質

ここでの品質とは、「欠陥住宅になりにくい」「手抜き工事を防ぎやすい」という観点で述べたいと思います。

欠陥住宅を防ぐためには「監理」という役割が重要になりますが、工務店で家を建てる場合、監理する側とされる側が同じ会社であるため、監理によるチェック機能が働きません。

しかし、だからといって工務店で建てた家が「欠陥住宅」になりやすいというわけではありません。

そもそも日本では昔から審理という概念があったわけではありません。この概念が生まれる前は工務店の前身である棟梁がすべての責任を負って施工を行ってきました。

また、工務店の多くは「職人としてのプライド」を大切にしており、それを裏付ける技術力も持ち合わせているところが多くあります。

また、もともと地域密着型の産業である工務店は、地元での評価を落とすような行為を簡単に行うことは滅多にありません。

問題は、チェック機能が働かに以上、一部の悪質な業者へのストッパーとなる存在がおらず、建て主は自分の心証だけを頼りに工務店を選ばなければいけないという点です。

保証

施工者は、品確法によって竣工後10年間の瑕疵保証や、住宅瑕疵担保履行法によって資力確保措置(瑕疵保険への加入または保証金の供託)が義務付けられており、それはどの依頼先でも変わりありません。

また、20年保証など、会社によって独自の保証をつけている場合もあります。

ローンの組みやすさ

工務店と銀行は、昔から協働関係にあり、流れ作業的にスムーズにローンを組むことが可能です。

また、ある程度の規模の工務店は、ローンを組む作業さえ代行してくれます。

ただし、最近では話を持ち込んだ工務店よりも、借りる本人の信用の方がはるかに重視されますので、最終的に借りられるかどうかはあくまでも建て主本人の信用次第ということになります。

2018年7月27日工務店注文住宅, 建築会社選び