離婚した場合の住宅ローンの扱いは?

住宅ローン注文住宅, 住宅ローン

注文住宅のコストを内装でカット

家を売るとき

今は夫婦の3組に1組が離婚するといわれる時代です。住宅ローンの名義人や住宅に住む人、返済者などによって、もしもの離婚のときに抱える問題が違ってくることも覚えておきましょう。

離婚の際には、夫婦がこれまで築いてきた財産について、話し合いのもと分け合うことになります。

離婚時に住宅を売却して、住宅ローンを完済した後にお金が残れば、それを財産として分割できるのですが、問題は住宅ローンが残ってしまう場合です。残債をなくさないと、住宅を売却することはできません。

さらに、名義人を変えるための借り換えもできないので、話し合いはなかなか進まなくなります。

財産分割の協議に入る前に、住宅が幾らで売れそうなのか事前にリサーチし、それを踏まえて話し合いを行わなければなりません。

家を売却しないとき

離婚後に、どちらかがそのまま家に住む場合は、残る人が住宅ローンを引き継ぐのが自然な流れです。

離婚後に妻が子供と住んで、夫名義のローンを妻が引く継ぐのならば、住宅ローンの借り換えが必要になります。

このときに妻の収入が低かったり、そもそも専業主婦で収入がない場合は、当然審査には通りません。つまり、夫が払い続けなければ家を売るしか選択肢がなくなるのです。

このようなケースでは、教育費代わりに家を出た夫が住宅ローンを払い続ける家庭もあります。その場合は、妻が家賃を払ったり、財産を夫が多めに取るなどの話し合いが必要になります。

気をつけたいのが、妻が連帯保証人になっているケースです。離婚後に夫が住宅ローンの支払いを怠れば、妻にも支払いの義務が発生することになるからです。