親からお金を借りても大丈夫?

親からお金を借りるときは借用書を書こう

住宅を購入する際には、とても大きなお金が動きます。その購入資金については、住宅ローンの申込書に書く場合もありますし、税務署からのお尋ねに答える際にも使います。

こうしたときに慌てないように、お金の出入りについてはハッキリとさせておく必要があります。

特に、家族の間で安易にお金のやり取りをするとトラブルの原因になります。たとえ夫婦や親子の間といえども、贈与とみなされ贈与税がかかってしまうかもしれないからです。

親からお金を借りた場合にも、借り入れ金額や金利、返済期間、返済方法などを明記した借用書を残す必要があります。

このときの金利は、世の中の相場と照らし合わせて適当なレートであることも求められます。

返済には口座振込みがおすすめです

いくら借用書があっても、形だけのものであれば、調べられた時に効力を発揮しません。きちんと返済が行われているという実体が伴わなければならないのです。

そこでおすすめなのは、返済を口座振込みにする方法です。

子供の名義の銀行口座から、親名義の銀行口座に毎月定期的にお金が振り込まれている記録のある預金通帳があれば、確かな返済の証拠になります。

なお、親が受け取った利息については、雑所得として申告が必要です。