若い世代にも徐々に人気の高まりをみせる平屋住宅

注文住宅見積もり

シニアだけでなく、若い世代にも注目される平屋住宅

平屋住宅の大きな特徴としてあげられるのが、生活動線がフラットなことです。

階段の上り下りがないのはシニア世代にとっては大きな魅力になります。加齢によって体の自由が利かなくなったとき、生活動線がフラットであることは快適な生活を送るうえでとても大切な要素になります。そして、それを実現してくれるのが平屋住宅なのです。

この他のメリットとして、建物の規模が小さいため施工費用が比較的安い、建物本体の重量が軽いため地震の際に大きな被害を受けにくいなどがあげられます。

万が一倒壊しても、建物の重量が軽いため住民が助かる可能性も確率も上がります。オール電化と組み合わせることで、より安全性を高めることが可能となります。

平屋住宅の高い利便性

特に都心部でシニア世代が住み替え先としてマンションを選択するケースが増えます。その背景にはエレベーターの存在があるようです。シニア世代にとって足で階段を上らなくて済むエレベーターの存在は確かに魅力的ですね。

そして、エレベーターの利便性を得られるのが平屋住宅です。郊外へ引っ越す際や、都市部での自宅の建て替えの際に、平屋住宅を選択するケースが増えているようです。

これからはコンパクトな住宅が人気に!?

近年、平屋住宅の人気がシニア世代だけでなく若い世代でも高まっています。その背景にあるのが核家族化と世帯人数の減少です。

現在、世帯人数が1~3人という世帯が全体の8割近くを占めています。つまり、大きな家を必要としない世帯が増えているということです。

シニア世代が平屋住宅に住み替える大きな理由として、大きな家が手に余るということがあげられます。これは、これから住宅を建てようとする若い世代も必ず直面することです。

将来、夫婦だけでの生活が予想される世帯では、そのときの暮らしを想定して最初から平屋住宅を検討するケースが増えているのです。

建物の規模やグレードにもよりますが、2階建てや3階建てに比べてイニシャルコストも安くなるので、余ったお金を趣味や教育に回すという考え方もできます。これからの家づくりは、平屋住宅が大きな選択肢の1つになっていくかもしれません。

2018年7月28日平屋住宅注文住宅, 平屋住宅, 間取り