注文住宅にかかる工事費

2018年4月3日

注文住宅にかかる工事費

注文住宅を建てるときに発生する工事費には、材料費、加工費や取り付けなどの手間賃、運搬費、地盤調査や申請手数料などの諸雑費、管理費などの間接費、会社の利益などが含まれ、構造、床面積、依頼先、予定地、グレードなどによって決まります。

便宜的に工事総額を施工床面積で割った「坪単価」という考え方がよく使われますが、床面積によって金額がほとんど変わらない項目がありますので、坪単価は床面積が小さくなればなるほど高くなります。

一般的な工事費がいくら位かを言うことは難しいですが、一般的には床面積に限らず下限は1000万円前後で、上限はいくらでもかけることができます。床面積30坪ほどの平均的な住宅で言うと、木造の場合は1500~2400万円、鉄骨造の場合で1800~2700万円、鉄筋コンクリート造で2100~3000万円ほどとなります。

ただし、近年では震災や消費税増税の影響による人件費の高騰、法規制の厳格化による建材の高騰などが重なり、総じて住宅建設時の工事費は上昇傾向にあります。

てっしーおすすめ♪無料の注文住宅見積もりサービス

詳しい使い方はこちら

見積もりサービスを試すときはこちらから


最近、住宅を新築するとき「注文住宅」を選択する人が増えています。

ただ、ほとんどの人にとって住宅は一生に一度の大きな買い物。「失敗したから次」というわけにはいきません。

できることなら、自分にとって理想の注文住宅を追求したいものです。

そのために大切になるのが、出来るだけ適正な価格で正確な工事をしてくれる信頼できる施工会社との出会いです。

施工会社探しで最初に思いつく方法は、候補を絞ったうえで相見積もりを取る方法です。

ただ、忙しい合間を縫って何社にも相見積もりを依頼するのはとても大変な作業になります。

そこで役に立つのが、WEB上から複数社に一括で見積もりを依頼できるサービスです。

その中でも、特に簡単で楽なのが「タウンライフ家づくり」の相見積もりサービスです。

5分もかからず依頼できるうえ、約600社の中から自分が住んでいる地域にある施工会社に一括で注文住宅の見積もりを依頼することができます。

見積もり依頼は完全無料なので、すぐに家を建てるつもりが無くても、自分が建てたい家がどれくらいの費用で建てられるのかの大体の金額を把握するのにも利用できます。

「理想の注文住宅」を建てるにはどのくらい費用がかかるのか、大雑把に確認するだけでも大丈夫なので、一度試してみてはいかがでしょうか?


↓こちらの公式サイトから申込みができます。

ブログランキング参加中♪よければ応援お願いします(^^)

住まいランキング
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村