ローンを組むために必要な自己資金は

自己資金は頭金+諸経費

少し前までは、ローンを組むには3割の自己資金がないと組めないといわれていました。

物件価格の8割までしか融資が下りないのが普通だったため、最低でも頭金に物件価格の2割と、諸費用(登記費用、融資手数料、仲介手数料、引越し代など)に1割、計3割の自己資金が必要といわれていました。

しかし、最近では頭金がなくても返済能力があると判断されれば、諸経費も含めて100パーセント融資を受けられる住宅ローン商品が多数登場しています。

とはいえ、無理な資金計画でローンを組むのは避けたいところですし、借入金が大きくなればそれだけ余計な利息を払うことにもなります。

ある程度の自己資金を貯めてから買うのか、それとも目一杯の融資を受けて買うのか、なかなか判断がつかないことでしょう。

この場合は「金利情勢」が判断のポイントになります。頭金を貯めている間に金利が上昇すると想定できる場合は、3割の自己資金を貯めるより、ローンを借りてしまったほうが総返済額を低く抑えられるからです。

年間100万円程度の貯蓄しかできない家庭の場合は、1割程度の諸経費を捻出できるなら、頭金がなくても購入に踏み切ったほうが結果的には得といえます。ただし、リフォーム費用が別途必要な場合は要検討です。

つい自己資金不足のリスクに目が向きがちですが、貯めている間の金利上昇のリスクもあることを念頭に置いておきましょう。