3階狭小住宅を建てるときの3つの注意点

注文住宅の玄関ホールと廊下の設計

3階狭小住宅を建てるのときの注意点と工夫

1.デメリットの解決策を設計者とよく相談する

狭小住宅のデメリットは後ほどご説明します。狭小地に住宅を建てるときは、さまざまなデメリットが生まれますが、これはプロである設計者とよく相談して解決策を模索する必要があります。気になる点はどんどん伝えて、アイデアを出してもらいましょう。

建物のプランによって取られる対策は異なります。施主としての要望をしっかり伝えつつ、懸念事項の解決に向けた話し合いを積極的におこなってください。

2.狭い敷地を最大限活用する方法を模索する

狭小地では、土地を無駄なく有効活用することは特に重要になります。建物本体だけでなく、駐車スペース、庭、外構のことも考慮して活用方法を模索しましょう。

3.リビングを明るくしたいなら上階に配置する

狭小地に3階建ての住宅を建てると、どうしても1階のスペースが暗くなりがちです。リビングなど明るさを重視したいスペースは、2階や3階に配置するといいでしょう。

暗くなりがちな1階には、例えば寝室を配置するという選択が考えられます。各部屋の配置は、明るさ以外の要素も考慮して、優先順位を考えながら総合的に判断することが大切です。

都市部においては狭小住宅は重要な選択肢の1つとなります。メリット・デメリットをしっかり把握したうえで、最適なプランを立てたいところです。

3階狭小住宅を建てるメリット

1.都市部でもマイホームが建てられる

狭小住宅の最大のメリットは、何といっても狭小地が多い都市部でマイホームを建てられることではないでしょうか。都市部へのアクセスのよい土地にます。マイホームを持ちたい人にとっては、手の出しやすい価格帯であるということも大きな魅力です。

もともと土地を持っていればいいですが、新たに土地を購入したうえで注文住宅を建てるのであれば、土地の購入費は非常に大きな負担となります。都心に近い立地を望むのであれば、条件次第では建物の倍以上の投資が必要になることもあるため、あまり大きな敷地は望めないでしょう。

そのため、狭小地を購入するケースが増えるのですが、土地が狭くなれば、それだけ土地を有効に活用する必要性が高まります。3階建て住宅にするのは自然な流れとなります。

2.構造計算により構造の根拠が明らかになる

注文住宅を建てる際には、建築基準法に基づいて建築確認申請をし、承認を得た建物を建築することになります。3階建て住宅に関しては構造の安全性を計算する構造計算が必須になるため、一定以上の安全性は保障されるといえます。

3.シンプルで効率的な暮らしの実現

限られた面積の中で住宅を建てるということは、シンプルな生活や効率的な生活を送れるとも言い換えられます。

そのためには間取りが重要になりますが、生活動線を短くできたり、掃除が楽なったりという狭小住宅ならではのメリットを得ることができます。

3階狭小住宅を建てるデメリット

1.階段が急なことが多いので、高齢者にはつらい構造となる

3階狭小住宅では、どうしても階段が急勾配になりがちです。階段に割くスペースがあまりないので、どうしても勾配を急にする必要があるのです。

急な階段は日々の生活では不便に感じるものですし、高齢になったときには上り下りが大きな負担になります。場合によっては体力的に住み続けるのが困難になる恐れもあります。

しかも、1階の一部を駐車スペースにするプランでは、2階や3階が主な住居用空間となるので、階段の上り下りは必須となります。

若いうちは問題ないでしょうが、加齢とともに住みずらくなる可能性も考え、将来の売却・買い替えについても早いうちに検討しておいたほうがいいでしょう。

2.日当たり、風通しが悪い

狭小地に3階建て住宅を建てるときは、周りの同じような3階建て住宅であるケースが多くなります。地域によってはマンションなどもっと高い建物が建築されることも考えられます。

周囲の環境にもよりますが、日当たりや風通しの面ではどうしても不利になることを覚えておきましょう。

建てる時点では問題なくとも、将来的に大きな影響を受ける可能性は十分にあります。

3.建築費用の単価が2階建てに比べ高い

3階建て住宅を建てるとき、一般的には2階建て住宅に比べて建築コストが高くにあります。

土地の条件が、建築会社、仕様レベルなどの条件が同じ場合、2階建て住宅と3階建て住宅で建築コストが目に見えて違ってきます。

建築する会社や仕様レベルで建築単価は大きく異なるため、比較対象によっては価格が逆転することもありますが、階数以外の条件が同じであれば、間違いなく3階建て住宅のほうが高くなります。

4.3階狭小住宅は揺れやすい

3階狭小住宅は、強風や地震など強い力が加わったときに揺れやすいとう弱点を持ちます。これは土地の広さの問題ではなく、細くなりがちな3階狭住宅の形状の問題となります。

狭小住宅に限らず、間口が狭く奥行きが長い建物は構造的にどうしても揺れやすくなるのです。

正方形に近い土地に建てるのであれば、建物の間口と奥行きのバランスがよくなるため、揺れの問題は解消されるでしょう。

5.ビルトインガレージは建物の耐久性を損なう可能性も

狭小地に住宅を建築する場合、駐車スペースを確保するためビルトインガレージが採用されるパターンが多くなります。

駐車スペースの確保が難しい狭小住宅では仕方ない面もありますが、建物の1階部分の道路側の壁量が不足しがちになり、構造的に弱くなることが多くなります。

耐震性を考えた場合、道路に対し横方向、縦方向の両方の壁量やバランスが非常に重要なのですが、車の出入りのため道路側に壁を設けられないため、耐震性においてはどうしても不利になることも覚えておいてください。

どうしても一定以上の耐震性を得たいのであれば、近場の駐車場に車を止める必要が出てきます。当然、駐車場を利用するための費用が別途発生します。

スポンサーリンク