火災保険とは

火災保険とは

火災保険とは何かを知ろう!

日本には失火責任法というものがあり、他人からのもらい火で家が焼けても、出火元に重大な過失がない限りは、賠償請求をすることができないのはご存知でしょうか?

つまり、他人からのもらい火で自分の家が焼けたとしても、出火元に過失がなければ自分の火災保険で補うことになるのです。

火災保険とは、火災をはじめとする住まいのさまざまな事故による損害を補償するものです。

しかし、火災保険では地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失や火元の発生原因を問わず地震等によって延焼・拡大したことによる火災は補償の対象にはなりません。

そのためにあるのが地震保険です。地震保険に入るためには、主契約となる火災保険への加入が前提となりますので、火災保険についてよく理解した上で、賢い契約をするようにしましょう。

保険の対象は建物と家財

火災保険は建物のみに保険を掛けるものと思っている人が多いのですが、実は家財にも保険を掛けることができます。

また、実際に契約するときには「建物」と「家財」をひとつの契約にしたり、「建物」と「家財」を分けて契約することもできます。

「建物」を保険の対象とするときには、建物本体だけではなく、門や塀もしくは物置、車庫その他付属品も含めることができます。

「家財」はテレビや冷蔵庫といった家電製品から、リビングセットや洋服ダンスといった家具類、衣装など建物内に収容される生活用品全般になります。

ちなみに、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、宝石、美術品は「明記物件」として申込書に明記しないと補償されない場合があります。また、車庫に保管されている車なども補償の対象にはなりません。

不十分な火災保険となる典型的なパターンが、建物にしか保険を掛けないケースです。

万が一、建物が全焼してしまうと、建物内に収容されていた家財も全て買い替えなくてはいけません。

また、家財も地震保険の対象にしたいときは、主契約となる家財の火災保険にセットしなければなりません。

火災保険は建物だけではなく、家財にも忘れずにかけておきたいところです。