地震保険とは

地震保険とは

地震保険は一種の社会保障制度

地震リスクは、損害が巨大になる可能性や、発生時期・頻度の予測が非常に困難であること、そして広域災害に発展する可能性もあることから、民間保険会社だけでは補償することは非常に困難で負担も大きすぎます。

そのため、「地震保険に関する法律」に基づき政府と損害保険会社が共同で運営する地震保険で補償することになっています。

地震保険の正式名称を「家計地震保険」といい、居住用の建物や家財が保険の対象になっており、それ以外のものを補償の対象にすることはできません。政府の後ろの元に行われている一種の社会保障制度です。

地震保険の保険料は一律で、保険会社が利益を得ることなく、将来発生するかもしれない地震に備え積み立てられているのです。

地震保険は火災保険の半分まで

地震保険の保険金額は、主契約となる火災保険の保険金額の30~50%の範囲内です。ただし、限度額は建物が5000万円、家財が1000万円となっています。

たとえば、火災保険金額が建物1500万円、家財が600万円の場合、地震保険金額は建物450~750万円、家財が180~300万円になります。

地震保険は原則、火災保険に自動付帯となりますが、建物と家財の双方をセットしたり、建物になり、あるいは家財にのみセットすることもできます。