火災保険の保険料の決まり方

火災保険の保険料の決まり方

評価額いっぱいで金額を設定しよう

保険金額が低ければ、それだけ保険料は安くて済みますが、万一のときに十分な補償が受けられるよう、保険金額は適切に設定することが大切です。

ただし、火災保険の保険金額は、必ずしも好きな金額で設定できるわけではありません。保険金額は保険の対象となる「建物」や「家財」の評価額を基準に決めることになるからです。

たとえば、再建築費や再取得費用が2000万円あれば十分なはずの建物に、4000万円といった過大な評価を行うことはできません。反対に1000万円と過少な評価を行うこともできません。

そこで、適切な評価額を算出することになりますが、評価額には「再調達(新価額)」と「時価」の2つの種類があります。

再調達価額(新価額)

保険の対象である建物や家財を、修理や再築・再取得するために必要な額を基準にした評価額です。損害保険金だけで十分な復旧が可能です。

時価

再調達価額から、年月や使用による消耗分(減価分)を差し引いた額を基準とした評価額(損害が生じた時点における価額)です。

よって、火災保険の契約は「再調達価額」で適切な評価を行い、万一の際に十分な補償を受けられるよう、評価額いっぱいで保険金額を設定することが大切です。

なお、現在の火災保険はほとんど再調達価額で評価するようになっています。