手元には幾らお金を残すべきか

6ヶ月分の生活費は残しておこう

住宅ローンを借りるときに、手元にいくらくらいのお金を残しておくか悩む人は多いはずです。

生活費やライフイベントを考えて、いくらくらいのお金を残しておけばいいのかを少し考えたいと思います。

当然のことながら、ローンを借りるときには頭金が多ければ多いほど、借入金額を減らすことができます。

しかし、だからといって、手元にあるすべてのお金を頭金としていれることはおすすめできません。

毎日の暮らしの中では、思いがけないアクシデントにあう可能性はゼロではありません。

家族が急な病気やケガで入院するかもしれませんし、日用品の買い替えなどをしなければならないことも出てこないとは限りません。

さらに、あまり考えたくないですが、突然のリストラやボーナスカットなどもありうる話しです。

こうした不意の出費や収入の減少に備えて、ある程度のお金は手元に残しておくべきでしょう。

一般的に、手元に残すお金は半年から一年分が目安となります。金額にして100万円から200万円程度は手元に残しておきたいところです。

ライフイベントにかかるお金も考慮しましょう

人生の中では、必ずまとまったお金が必要なタイミングがあります。

たとえば、子供の進学や入学に伴う教育費用などが代表格に挙げられますが、住宅購入から1~2年後に、こういったまとまったお金が必要なタイミングを控えている場合には、そのときに使う予定のお金を手元に残しておかなけばなりません。

いったん頭金に入れてしまったお金を返してもらうわけにはいかないからです。

たとえば、当面の生活費として200万円、子供の教育費用として100万円、合わせて300万円を手元に残しておき、残った貯蓄を諸費用や頭金にあてるといった考え方が必要です。