高級感溢れる外観を目指すなら外壁材はタイルがおすすめ

注文住宅の外壁材|タイル
タイルを外壁材にすると立体感が出るため、オシャレで高級感のある外観に仕上げることができます。

自然素材を高温で焼き上げて作られるタイルには独特の風合いがあり、一面に敷きつけたときに醸し出す風格は、ほかの外壁材と一線を画するものがあります。

種類が豊富で、さまざまなスタイルを作り出すことができるのも、タイルが持つ大きな魅力です。

タイル自体が劣化しにくい素材のうえ、風雨や日差しに高い耐久性を示すことも魅力の1つと言えるでしょう。

品質のよいタイルには水が染み込むことがないため、温度差によるひび割れや欠けの心配もありません。

耐久性が高いため、汚れや目地のカビを落とすだけでメンテナンスが済むのもタイルの持つメリットです。

初期費用の高さが難点さまざまなメリットを持つタイルですが、一方で初期費用が高いというデメリットがあります。

目安として、サイディングなどと比べて2倍近い初期費用がかかると思ってください。

ただ、耐久性が極めて高いおかげで、大掛かりな張替えや塗り直しはほぼ必要としないため、長い目で見たときのコストパフォーマンスは決して悪くありません。

以前は剥離がタイル外壁のデメリットと言われましたが、技術の進歩でそのデメリットは解消され、今では大地震並みの揺れでも剥離や落下はほとんどなくなっています。

初期費用の高さ以外、目立つデメリットはほぼないと言ってよいでしょう。

今日のまとめ

オシャレで高級感のある外観に仕上げるのにうってつけのタイルですが、それだけが魅力ではありません。

初期費用の高さは難点ですが、耐久性に優れ、長期的に見てメンテナンス性の高さは大きな魅力です。

欠けたりひび割れしたりする印象を持つ人が多いですが、技術の進歩で大地震にも耐えられるレベルになっており、初期費用の高さ以外に目立ったデメリットを持ちません。

予算に余裕があるなら、外壁材の選択肢としてタイルを加えてみてはどうでしょうか?