住まいの建て替えに備えてできる3つのこと

住まいの建て替えに備えた準備
子供の独立やライフスタイルの変化に合わせて、住まいの建て替えを考える方は多いと思います。

例えばあなたが高齢になり、バリアフリー住宅に建て替える。子ども世帯と生活する二世帯住宅を建てるといったケースが目立ちます。

いずれにしても、現在の暮らしの不満点を解消し、将来を見据えたプランニングが住宅づくりを成功させる重要なポイントです。

ただ、住宅は非常に高額な買い物です。「新しい家を建てたい」と思ってすぐに計画を動かせる人は少ないでしょう。

ほとんどの方が、プランに沿って資金計画をたて、ある程度の資金を用意してから計画に着手するはずです。

今日は、実際に建て替えの計画に着手するまで、建て替えに向けて今できる準備について触れていきたいと思います。

将来の建て替えに向けた準備

1.家族を含めて将来のライフプランをイメージする

最初にできることといえば、家族との話し合いです。お互いが将来どんな暮らしを送りたいか、じっくり話し合いましょう。

子世帯の夫婦と別居したとして、兄弟がいれば誰が両親の面倒を見るのか。親世帯と子世帯が同居できる二世帯住宅を望むのか。

家を建て替えるにしても、家族で将来の設計図をすり合わせ、全員が納得できるプランづくりが住まいづくりで最も大切なポイントです。

子世帯が子育て時期のタイミングで建て替えるなら、出産や進学、将来の親の介護・同居などを考慮する必要があります。

それらを確認することで、どのタイミングで建て替えをすればベストなのかが明確に見えてくるはずです。

2.金利や税金の動向をチェック

建て替えでイメージ通りの住まいを実現するためには、プランも大切ですが、現実的な資金計画をたてることも忘れてはいけない大切な要素です。

例えば、消費税の増税などが建て替えのきっかけになることもありますし、金融機関にローンを借り入れるなら、低金利で借りられるタイミングを図る必要があります。

二世帯住宅を建てるなら、親子二世代型の住宅ローンも検討できますし、現在住んでいる住まいのローンが残っていれば、残債を建て替え費用に上乗せしてローンを一本化することも可能です。

資金計画を考えるときの注意点は、建築費用以外にかかる経費も考慮するということ。

今住んでいる土地に家を建て替えるなら、もともと住んでいた住まいの解体費がかかります。さらに仮住まいにかかる費用、引っ越し費用は必ず発生します。

また、以前に家を建てたときと状況や規制が変わっていることもあるので、住宅会社に必ず確認しておきましょう。

3.建て替えのタイミングを検討する

建て替えのタイミングによって、そのときの状況は異なります。

たとえば、子育て世代であれば子どもが独立するまでの部屋が必要ですが、子どもが独立して家を出た後のことも考慮する必要があります。

たとえば、子ども部屋の間仕切りを簡単に取り外せるようにして、将来は大きな間取りへ変更し、夫婦でくつろげる空間にするといったことも検討しておきましょう。

また、親世帯の終の棲家として建てる住まいなら、高齢になったときに備えバリアフリー化しやすいプランづくり、もしくは最初からバリアフリー住宅を建てることも考えなければいけません。

さらに、一歩進んだ快適性を求めるなら、省エネなどの住宅性能にも目を向ける必要があります。

実現できれば、毎月の光熱費削減、住宅ローンや固定資産税の優遇措置などを受けられる可能性もあるので、専門家と条件等を確認しながら検討していきましょう。

建て替えであれば、すでに土地は持っているはずなので、コストを抑えてとりあえず住める家をではなく、将来的にも楽しみながら資産としての価値が期待できる住宅づくりを目指したいところです。

今日のまとめ

建て替えで良くあるのが、資金面の問題、家族の意見がまとまらない、そもそもどんな家にすればいいかイメージができないなどです。

上記のような問題を解決する1番の近道は、プロへ相談することです。

専門家に相談することで、資金計画のご提案、建て替えに対する不安の解消、家族間で分かれた意見をまとめるためのアドバイスなどもしてもらえます。

もし建て替えに際して、なにか問題・お悩みがあれば、一度専門家に相談することをおすすめします。