ITでエネルギー消費を最適化するスマートハウス

スマートハウスで消費エネルギーを最適化する

スマートハウスとは、ITを活用して消費エネルギーを最適化する住宅のことを指します。

具体的には、HEMSによって家電や太陽光発電などのエネルギー機器を一元管理し、リモコンやコントローラーを使って自動制御や遠隔操作を行います。

HEMSの詳しい説明はこちら

スマートハウスの代表的なエネルギー機器

エネルギーを作る

・太陽光発電
屋根に太陽電池(ソーラーパネル)を設置し、太陽光で発電するのが太陽光発電です。余った電気を電力会社に買い取ってもらうことも可能ということで注目が集まっています。

買い取り価格は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって毎年見直しが行われます。

・エネファーム(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)
都市ガスやLPガスなどを利用して電気とお湯を同時に作り出すシステムを指します。

エネルギーを作る場所と使う場所が一緒なので送電ロスが少なく効率的にエネルギーを利用できるというのがメリットです。

家庭内の消費電力に合わせて発電量を調整し、余剰電力を少なくすることが目的のため、現時点では売電制度を利用できません。

なお、蓄電池と太陽光発電を併用することで停電時に使用できるシステムも開発されています。

エネルギーを貯める

・電気自動車
電気自動車は走行しない間は蓄電池としての利用が可能で、自宅の電気網と接続することでスマートハウスの一部として機能させることができます。

・家庭用蓄電器
住宅向け蓄電池は、鉛蓄電池とリチウム電池の2種類に分けられます。

それぞれの特徴として、鉛蓄電池は安価ですが重量当たりのエネルギー密度が小さく機器が大型になります。一方のリチウム電池はエネルギー密度が高く、小型化できるというメリットがあり、各メーカーはリチウム電池の開発を積極的におこなっています。

2018年7月28日タイプ別注文住宅注文住宅