生命保険の見直しで家計の負担を減らす

地震保険

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険は、住宅ローンの契約者が亡くなったり高度障害を負ったりした場合に、その時点の住宅ローン残債分の保険金が支払われる生命保険です。

団体信用生命保険に加入しておけば、ローン契約者に万が一のことがあった場合には、保険会社から金融機関に対して、ローンの残積相当額が保険金として支払われます。

そのため、ローン契約者は、家族に家を財産として残すことができるわけです。

この団体信用生命保険は、民間ローンでは加入が義務付けられており、フラット35や財形住宅融資では任意になっています。

団体信用生命保険つきでマイホームを購入する場合には、1000万円程度、生命保険の死亡保障を減額することができます。

理由は、団体信用生命保険加入済みのマイホームがあれば、もしものときに住宅ローンを完済した家を家族に残すことができるからです。

そもそも生命保険で備える金額は、遺族のその後の生活費から、遺族年金などの公的保障や貯蓄を差し引いた額となります。

仮に、賃貸暮らしで亡くなったときには、その後も一生家賃が発生し続けます。

しかし、団信に加入しておくことで、その後の居住費の心配が無くなる分、遺族の生活費を大幅に軽減できるのです。

また、残された家に住み続ける意外にも、家を売却してまとまったお金を手にすることや、人に貸して賃貸収入を得ることもできます。

このように、団体信用生命保険に加入しておくことで、家という財産を残された家族が活用しやすくなるのです。

2018年7月23日注文住宅ブログ注文住宅