火災保険料は建物の構造で異なる

建物の構造や場所で火災保険の保険料は大きく変わる

火災保険の保険料は、その建物の建っている場所や建物の構造で決まりますが、保険料の大きな割合を占めるのが建物の構造です。

燃えにくい構造の建物ほど火災に強いため保険料は低めになり、燃えやすい構造ほど火災に弱いため保険料は高めに設定されています。

その構造の違いを規定した「構造級別」は、2010年の1月に大きな変更が行われました。以前は柱、はり、床、外壁等の材質・仕様により、建物の構造区分が決められていましたが、煩雑であったために誤った判定が起こりやすかったことから、主に柱の材質で判定できるように簡素化されました。

住宅物件については、現在では主に3種類の構造級別になっています。

M構造(マンション構造)

主に鉄筋コンクリート造のマンションや耐火建築物の共同住宅

T構造(耐火構造)

共同住宅以外でコンクリート造・鉄筋造の建物もしくは共同住宅以外で建築基準法上、住宅金融支援機構がその基準を定めた「省令準耐火構造」の建物

H構造

一般的な木造住宅やM構造・T構造どちらにも該当しない建物

なお、H構造の中には、2010年1月1日以降の構造規定の改定により、旧構造規定でB構造であった建物のうち、新規構造規定においてはH構造と判定されるものがあります。

※主に木造住宅で外壁がALC版(軽量気泡コンクリート)の建物

これらの建物の契約は、継続前までのB構造料率による保険料から大幅に値上がりすることになり、この値上がり率を緩和する措置が実施されることになりました。この緩和措置を適用した建物のことをK構造(経過措置構造)といい、K構造の料率を適用します。

保険料は、M構造がもっとも安く、H構造はもっとも高くなり、その差は実に4倍近くの違いになっています。