お風呂づくりで良くある失敗例は?

注文住宅のお風呂の間取り
お風呂は家族みんながリラックスできる癒しの空間であるべきです。

注文住宅の間取りづくりでは、リビングやキッチンなどに意識が向きがちですが、お風呂にもしっかり気を配りたいところです。

今日は、良くあるお風呂の失敗例を紹介したいと思います。

お風呂づくりで失敗しやすいポイントとは

お風呂で多いのは、「狭すぎた」という失敗。大抵はリビングなどの住居スペースを優先するあまり、お風呂を限られたスペースに押し込んだことが原因です。

お風呂好きでゆったりお湯に浸かりたいと考える人ほど、後悔も大きくなるので注意してください。

また、入るときのことだけしか考えておらず、掃除のことを考えていなかったというのもよくある失敗の1つです。

お風呂はこまめに掃除をする必要がありますし、湿気がこもりやすいためカビ対策も必須となります。

浴槽や浴室の壁は、素材や色によっては汚れが目立ちやすく、掃除しにくいものがあります。素材や色を吟味し、できるだけ手入れに手間がかからないものを選びましょう。

お風呂を住宅内のどこに配置するかでも、カビの発生率が変わるので、配置場所にも気を配りたいところです。

あっても使わないオプションだらけ

注文住宅の設計は基本的に施主が自由にできます。そのため、あれもこれもと詰め込みすぎると、実際に要らなかったというものが増える傾向があります。

たとえば、浴室で「いらなかった設備」の代表格がテレビ。家族が多いと、誰かがお風呂でテレビを見始めると次の人が入れないからと、禁止されることも多いようです。

また、夜遅くにお風呂でテレビやラジオを付けると、その音が家族の睡眠を妨げることもあります。

サウナも使わなくなりやすい設備の1つです。「サウナがある住まい」は確かに憧れる人も多いのですが、しばらくすると意外に使われなくなるケースが目立ちます。

あなたや家族のライフスタイルによって、必要なものは変わってきます。魅力的な設備を見つけても、一度冷静になって、本当に必要なものかじっくり検討してください。

2018年8月2日お風呂注文住宅, 良くある失敗, お風呂