IHクッキングヒーターの選び方と種類

注文住宅見積もり

注文住宅でよく見られるIHクッキングヒーター

注文住宅のキッチンでよく見られるのがIHクッキングヒーターです。

加熱機器はキッチン設備の中でも早めに決めておきたいアイテムで、日々の料理のしやすさ、住まい全体のエネルギープランにも影響する重要な設備の1つです。

一般住宅のキッチンで使われるお主な加熱機器はガスコンロとIHクッキングヒーターですが、ここではIHクッキングヒーターにスポットを当てていきたいと思います。

IHクッキングヒーターの魅力は、磁力線によって鍋を加熱させるため、直火でないことと掃除のしやすさが魅力となります。

磁力線の働きで鍋そのものを加熱させる仕組みになっていて、通電するとすぐに鍋が発熱するため熱効率が約90%と高く、プレートと密着している部分だけを発熱させるので、エネルギーのロスを抑えることもできます。

IHクッキングヒーターのメリット.直火が出ず、掃除がしやすい

調理のときに直火を使わないので安全性が高く、燃焼ガスが発生しないため部屋の空気を汚さないのが特徴です。まわりへの放熱も少ないので、夏場にキッチンが熱くならないのも嬉しいメリット。

また、トッププレートに凹凸がないため、吹きこぼれなどの汚れも取りやすく、手入れもガスコンロに比べ簡単です。油煙もほとんどあがらないので、換気扇の掃除も楽になります。

IHクッキングヒーターのデメリット・使用できる調理機器に制限あり

IHクッキングヒーターには鉄・ステンレス対応のものとオールメタル対応のものがありますが、いずれも材質や底の形状によって使用できない鍋があります。一般的に土鍋や陶磁器、耐熱ガラスは対応していないことも覚えておきましょう。

オールメタル対応のIHであれば、それらを使用することも可能ですが、鉄・ステンレス対応のものは、銅やアルミなどの非磁性金属や底に磁石がないものは使用できません。

また、鍋の大きさや形状に注意する必要もあります。IHクッキングヒーターには平らでトッププレートに密着できる底になった調理器具が適しており、底が丸いものやそりがあるものは使用できません。

調理器具を購入するときには、IHクッキングヒーターに対応できるかをしっかり確認しましょう。

基本的には「SGマーク」が付いたものを選んでおけばIHクッキングヒーターに対応できます。

IHクッキングヒーターの種類

ビルドインと据え置きタイプ

IHクッキングヒーターには、ワークトップに組み込むビルドインタイプと、コンロ代を据え置くタイプがあります。

注文住宅に設置されることが多いしシステムキッチンでは、ビルドインタイプを設定されることが多くなります。ガスコンロと同じサイズなので、ビルドインに設定されていても変更は可能です。

ガステーブルをIHクッキングヒーターに交換する場合は、据え置きタイプを設置することになるでしょう。

一般的にビルドインタイプのほうが機能が充実している傾向があります。

ビルドインタイプタイプのIHクッキングヒーターには間口サイズが60cm1のものと75cmのものがあり、75cmであれば鍋を仮置きできますし、60cmであれば調理台を広く使うことができます。

どちらを選択するかは、現在の調理スタイルと照らし合わせて決めるようにしましょう。

火力と口数

メーカーや商品で異なりますが、IHクッキングヒーターの1口の最大火力は1.25kw~3.2kw程度で、これらを組み合わせて3口にしたものが一般的ですが、中には2口のものや1口のものもあります。

据え置きタイプは2口のものが多く、ビルドインは手前に2口、奥に1口のタイプが多くなります。メーカーによっては3つのIHを横一列に並べたタイプも存在します。

調理スタイルから使い勝手を想像して、自分にとって1番調理しやすいタイプを慎重に検討しておきましょう。

使いやすく分かりやすい操作方法

IHはガスコンロのように火の大きさを見ながら火力の調整を細かく行えないと、使い勝手に不安を感じる人も多いようですが、最近では操作性をより分かりやすくする配慮がされたタイプも揃っています。

手元が見やすい上面に操作スイッチを配置したもの、火力調整をガスコンロのようにダイヤルで行えるものなど、いろいろなタイプがあります。

また、操作手順を音声や文字で教えてくれたり、次に操作すべきボタンが光るもの、過熱中であることを分かりやすくしたもの、スマートフォンで調理設定ができるものなど、高齢の方でも操作しやすいタイプが充実したことで、ますます人気が高まっています。

吹きこぼれと焦げ付きを防ぐ安心・安全設計

注文住宅見積もり
IHクッキングヒーターは搭載される機能も豊富で、安心して調理できるよう配慮がされています。

吹きこぼれや焦げ付きを感知すると加熱を停止し、音や音声で知らせてくれる機能や、一定時間放置すると自動的に電源が切れる機能、鍋を置かないと自動で切れる機能、鍋底の温度が上昇すると自動で通電をコントロールする機能など、高い安全性を確保した商品の多さは魅力です。子供がいらずらできないよう、チャイルドロックできるタイプもあります。

グリルの容量や火力の強いタイプなど、機能性が高まった商品も豊富

グリルの機能性の高まりにも注目したいところです。ヒーターだけでなく熱源にIHを取り入れたもの、容量の大きいタイプ、火力の強いタイプなどラインナップも昔と比べて充実しています。

上下同時加熱でスピーディーに焼き上げるものや煙が少ないタイプもあり、魚だけでなくスイーツづくりにも対応できるタイプも登場しています。

グリルの掃除がしやすい商品も充実しており、パーツが取り外しやすいものや庫内がシンプルなものなど、手入れが簡単に行えるのは嬉しい配慮です。

換気と連動したHEMS対応タイプも登場

最近のIHクッキングヒーターには、換気扇と連動可能なタイプもみられます。調理に合わせて換気機能が自動で働くので、つけ忘れや消し忘れを防げます。

また、調理中の消費電力や電気料金をモニターやスマートフォンで確認できるタイプもあり、住宅全体の消費電力に合わせて火力を調整するなど、HEMSに対応した商品も多くなってきました。

家族構成や食事スタイルなどを考慮したIHクッキングヒーター選びを

IHクッキングヒーターは、採用するシステムキッチンやメーカーによってそれぞれ設定されています。システムキッチンを選ぶ前に、どんな機器を選べるのかしっかり確認しておきましょう。

機器の価格は20万円~40万円程度ですが、同じ価格帯でも商品ごとに搭載されている機能は大きく異なるため、本当に必要な機能はどれなのか、優先順位を明確にして選ぶようにしてください。

2018年7月28日キッチン注文住宅, 水まわり設備, キッチン