平屋住宅を検討する前に知っておきたいメリット・デメリット

平屋住宅注文住宅, 平屋住宅, 間取り

平屋住宅のメリットとデメリット

平屋住宅のメリット

家の中の移動が楽ちん♪

最近、注文住宅を建てるときの選択肢として、平屋住宅を検討する人が増えています。「平屋住宅のいいところは?」と聞かれてパッと思いつくのが、階段がないから住宅内の移動が楽ちんという点です。

2階建て住宅であれば、上階の部屋にいくときは当然階段を経由することになります。住宅内の間取りによっては、この移動が面倒くさいと感じることがあるでしょう。

例えば、洗濯機は1階にあるのに、洗濯物を干せる場所が2階のベランダしかなければ、洗濯で濡れた重たい衣服を持って2階に移動しなければなりません。

洗濯をするのは主に奥さんだと思いますが、濡れた洗濯物を抱えての移動は女性にとってかなりの重労働です。

また、1階に生活スペースがあり、物置が2階にある間取りも階段の使用頻度が高くなります。

生活に必要なものを頻繁に2階に取りに行くことになり、その度に階段を上り下りしなければいけません。

「運動になるから」と思えればいいのですが、この移動が面倒に感じる人にとって、その住宅はとても暮らしにくいものになってしまいます。

また、家を建てたときは若いから良くても、加齢とともに足腰が弱まっていくと、2階建て住宅に住み続けるのが大変に感じるようになります。

大抵の場合は、生活に必要なものを全て1階に揃えて2階にいかなくても良い生活パターンになってしまい、2階の全ての空間がデッドスペースになってしまうのです。

平屋住宅であれば最初から階段がないので、将来的に住宅内に巨大なデッドスペースが生まれる心配はなくなります。

高い耐震性を誇る平屋住宅

2階建て住宅に比べ、平屋住宅のほうが耐震性は高くなります。

地震がおきたとき、2階建て住宅だと2階部分の重さが1階に加わるため、倒壊する危険性が高まります。

それに対し、平屋住宅であれば加わるとしても屋根の重さくらいなので、2階部分の重さで1階部分が倒壊するというリスクがなく、倒壊の可能性は低くなります。

また、平屋住宅の建築面積は2階建て住宅に比べて広くなる傾向があります。基礎工事をする面積の幅も広くなりますから、住宅と地面の接地面のつくりがしっかりしていることも、高い耐震性につながります。

間取り・設計の自由度が高い

平屋住宅を建てるのであれば、ある程度広さに余裕のある敷地を持っていると思います。

敷地面積に余裕があると法規制が緩くなる傾向があり、設計段階での自由度が高まってイメージ通りの住まいを建てやすくなります。

また、2階建ては各階の壁の量やバランスを考えながら間取りを考える必要がありますが、2階部分がなくなると、2階建て住宅では設けれないような大きな窓を設置できるなど、住宅に対する要望を叶えやすくなります。

窓やドアの周辺に大きく庇を出せるので、雨が降っても濡れる場所が少なくなり、雨水による住宅の痛みを軽減できます。

平屋住宅のデメリット

平屋住宅は費用が割高

平屋住宅は、2階建て住宅に比べて基礎と屋根の面積が大きくなるため、その分費用が割高になります。

例えば、同じ30坪の住宅を建てる場合でも、2階建て住宅であれば1階と2階それぞれ15坪という面積になりますが、平屋住宅はそのまま1階だ30坪になります。

屋根と基礎は住宅の中でも特に費用がかかる部分です。30坪の住宅であれば少なくとも200~300万円くらいは高くなると思いっていいでしょう。

また、敷地も広くなるため、土地代も高くなることを覚えておきましょう。

都心には不向き

平屋住宅を建てるには、ある程度広さに余裕のある敷地が必要ですが、都心でそれだけの土地を購入するのは難しいでしょう。さらに都心のように住宅が密集している場所に平屋住宅を建てると、陽当たりや風通しが悪くなる傾向があります。

前後左右を2階建て以上の高い建物に囲まれてしまえば、日中でもほとんど陽が当たらなくなります。また、当然風通しも悪くなり、とても快適な暮らしを望むことはできないでしょう。

また、都心では駐車場の確保も難しくなります。駐車場付きの平屋住宅を建てるには、かなりの広さを持った敷地が必要ですが、都心でそれだけの土地を所有するのは現実的ではありません。

以上のことから、平屋住宅は郊外や田舎暮らしに向いている住宅といえます。

今日のまとめ

平屋住宅はその構造上シンプルで使いやすい住宅といえます。

あなたが高齢になったときでも2階建てのように上階部分が丸々デッドスペースになるかもしれないことを考えれば、多少割高でも平屋住宅を建て、生活動線に段差や階段が挟まれないように設計しておけば、将来への不安が解消できます。

「そこまで広くなくて良い」「2階建て住宅までは必要ないから、マンションを買おうか」など考えている人は、平屋住宅を建築するという方法もありだと思います。

これまで選択肢として平屋住宅を考えていなかった人も、一度検討されてはいかがでしょうか?