3階狭小住宅なら限られた土地を活用できる

狭い土地でも狭小3階住宅なら住居スペースの確保が可能に

たとえ狭い土地であっても、狭小3階住宅なら狭小地の敷地を最大限有効活用し、広々とした住居スペースで快適な毎日が過ごせます。

例えば屋上を様々な用途に使えるスペースに仕上げることで、屋上での家庭菜園、バーベキュー、選択星など実用的に使うことができます。

また、趣味のスペースとして活用できるので家族のコミュニケーションスペースとしても利用できます。

3階建ての利点を活かしつつプライバシーを確保したい家庭であれば、独立2世帯という選択も可能です。

家事や経済的負担を分散できる親子同居は、病気やケガなどもしもの時にも安心できるという利点もあります。

極小3階建て住宅の特徴

3階建てを活かした住居スペース

狭小3階建て住宅は主に都市部で選択されますが、そのメリットとして都市部特有の問題を解決することができます。

その問題とは、駐車場の値段の高さ。住宅の1階部分を駐車スペースにすることで、この問題を解決し、毎月の駐車場代をカットできます。

3階建てなので収納はしっかり確保できる上に、デッドスペースをうまく利用することで随所に収納スペースを設けられます。

さらに、3階にライトコートやバルコニーを設ければ、採光性・通風性に優れた部屋づくりも可能です。

材質から生まれる快適性

注文住宅の特徴として壁材などの材質を自由に選べるという点があります。例えば、断熱材と外壁材を組み合わせることで断熱性・耐久性に優れた住宅をつくることができます。

特にネオマフォームという断熱材は高い断熱性を誇り、長期的な電気代の削減・環境にかかる負担減につながります。

また室内の温度差を抑えることは快適な空間をつくるだけではありません。室内の温度差が大きいと、高血圧の方や高年齢の方の身体の負担が大きくなります。

断熱性の高い住宅を建てることで、これらの負担も軽くすることができます。

そしてパワーボードという外壁材は防火性能・耐震性能が高いので、この先起るかもしれない大地震への耐震性にも繋がります。

また無機質な材料から作られているので、万一の火災の時にもパネル自体から煙や有害ガスが発生せず、被害を最小限に食い止めることができ、さらに強度に優れ、熱や水による変形がおきにくい安定した材料なので、メンテナンスの必要がありません。

地震に強いという安全性

壁・床・屋根が一体になったツーバイフォー工法をご存知でしょうか?

このツーバイフォー工法は極めて地震に強い住宅工法で、東日本大震災においても、この工法で建てられた住宅の95%で支障なしという結果も出ています。

地震の力が一部分に集中しないため倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の強さを発揮する、これからの日本にとって最も必要な住宅の形式と言えるでしょう。

地震による振動エネルギーを吸収する制振装置パワーガードは地震の揺れを半減する上、上下の揺れにも効果を発揮するため直下型地震が来ても安心です。

また揺れた時の振動が少なくなるので家具等が倒れにくく安全、そして設置の際に建物の歪みが生じやすい場所に設置するので、建物の構造・デザイン等への影響を最小限に抑えます。

省エネな低燃費住宅

24時間換気システムを設置し、給気と換気をセットで最適にコントロールすることで、外の汚れた空気の侵入を防ぎ、室内空気を循環させきれいな空気を保ち、健康かつ快適に過ごすことができます。

このように、狭小住宅3階建て住宅は狭小地の敷地を最大限に有効活用し、広い住居スペースで快適な毎日を過ごすことができます。

また、省エネ・耐震性などこれからの住宅の大きな要となるポイントもしっかりと兼ね備えられています。狭小住宅3階建て住宅は、2世代・3世代と安心して長く住み続けることができる住宅なのです。