注文住宅を建てる流れ

注文住宅の見積もり

注文住宅で家を建てる工程

注文住宅を建てる際、資料請求や住宅展示場巡りからスタートしがちですが、やみくもに資料や情報を集めても予算との折り合いが付かなければ時間を無題に費やすことになります。

最初にすべきなのは、自己資金として用意できる金額と、無理なく返済できる借入金を計算して、予算を立てることです。住みたい家のイメージを固めるのは、予算の把握が終わった後です。

理想の生活シーンをイメージしたり、今の家の不満点を挙げてみることでより的確な住宅イメージが生まれます。

そのイメージをより具体的にするために、モデルルーム見学などをすることがポイントです。

さらに地震対策など、家づくりで重視するポイントを決めておいたり、インテリアや外観のテイストについても簡単に方向性を決めておくことで、この先のプランニングがスムーズになります。

1. プラン・設備・仕様の打ち合わせ

外観や内装のイメージ、ご要望に基づいて具体的な間取りや外観のデザイン、住宅設備・仕様を施工会社から提案してもらいます。

2. お見積もりのご提出

打ち合わせから生まれたプランに沿った見積もりを作ってもらいます。使用する材料の数量や品質及び施工内容や関連費用などの明細をしっかり確認してください。総合的な判断として、会社の姿勢・担当者の対応・建物・間取り・費用等のバランスをよくご検討しましょう。

3. お申し込み

プラン・資金計画・会社の理念など総合的に判断して、施工してもらいたいと思った会社に正式に申し込みをします。その際、ご契約金を支払います。

4. 設備・仕様打ち合わせ

決定した間取りを元に内装の打ち合わせをします。色選び、カーテン、照明計画、コンセント位置、収納位置などをインテリアコーディネーターが細部にわたって検討していき、この段階で予算をオーバーしそうであれば、グレードを落とすなどコスト調整を行います

5. 工事請負契約

設計図・見積書内容をご確認し、打ち合わせの中で追加、変更、減額などがあれば、書面で確認した上で、工事請負契約を締結します。

契約の際に「工事請負契約書」「工事請負契約約款」「見積書」「設計図書」の4種類の書類が交付されます」。

いずれも工事を進めるうえで欠かせない重要な書類ですので、しっかりと確認しましょう。

6. 建築確認申請手続き・住宅ローンの申し込み

行政(役所)に新築計画の申請を行うことを建築確認申請といいます。手続きが完了するまで、2階建住宅で約2週間、3階建住宅で約1ヶ月ほどかかります。(その他の申請手続きが必要な場合もあります。)

またこの段階で住宅ローンの申し込みも行います。住宅ローンについては借入先や借りる額、返済期間などが入居後の返済負担に影響するので、あなたにとって安心の資金計画を立てることが重要となります。

7. 工事着工・地縄張り・地鎮祭

建築現場で建物の配置や、電気、ガス、水道メーターの位置を確認します。建築後の地盤の高さもこのときに確認します。

工事の日程が決まると、着工の前に近隣の方への挨拶、工事日程などの説明を受けます。

またこのときに建物の位置を確認するためにビニールひもなどを張る地縄張り、工事の安全を祈願する地鎮祭を行います。

8. 基礎工事・上棟確認

建物の位置決め、基礎工事が開始されます。その後、構造躯体の出来上がった建築現場で、コンセントの位置や棚の高さ等を現場監督・担当大工と一緒に最終確認をします。

9. 工事完了・引き渡し

現場監督による各工程でのチェックそして検査部門による最終審査を受け、すべての工事が完了です。

その後床や壁などに傷や汚れはないか、設備は正常に動くかといったことを、施工会社の担当者や現場監督と一緒に確認していきます。

その際に設備の取り扱い等の説明も受けます。もし不具合が見つかりましたら引き渡しまでに修理が可能か、入居後の修理となるかの取り決めをします。

引き渡しまでに修理可能な不具合の修理が終わったら再度確認し、引き渡しとなりますので、鍵と保証書、確認検査機関による検査済証を受け取りましょう。

2018年7月24日注文住宅ブログ注文住宅