和室でたっぷりの収納スペースを確保

注文住宅に作る和室の収納
和室の収納スペースと言えば「押入れ」です。もともと布団を収納するスペースで、洋室の収納に比べ奥行きがあるという特徴があります。

「江戸間」「京間」「中京間」でそれぞれサイズが異なり、収納できる荷物の量にも差があります。

腰の高さにある中板と奥行きの広さは、布団を収納するのには便利ですが、衣服を収納するスペースとして活用するのであれば、少し工夫が必要です。

押入れ以外の収納スペースを作るには、長押しの上に天窓という戸棚を設ける方法があります。幅は押入れと同じで、奥行きがあり使い勝手のよい戸棚です。

床の間の脇や窓の下に地袋を設置するのも、収納スペースを増やすのに有効です。地袋は上面を飾り棚として利用できるため、和室の雰囲気を華やかにするアイテムとして取り入れられることもあります。

天袋と地袋を作れば、普段あまり使わない物をしまっておくスペースとして重宝するでしょう。

また、和室ならではの収納スペースが畳の下のスペース。畳を扉にして、その下に収納庫を設ける方法も、最近はよく取り入れられています。

頻繁に使う物の収納スペースとしては少し不便ですが、年に数回しか使わない物の収納スペース作りにはおすすめです。

スッキリとした和室作りにおすすめの収納

和室はあれこれ物を置くと、とたんにゴチャゴチャとした印象になってしまいます。

また、扉の前に物を置くと、収納スペースが使えなくなるため、タンスなどの収納家具が置きにくい場所です。

そのため、和室の収納スペースは押入れや天袋、地袋など作りつけがメインとなります。

特に押入れは、布団の収納には便利ですが、ほかの物を収納するスペースとしては少し使い勝手が悪いかもしれません。

寝室が和室と別にあり、就寝時はベッドを使うという場合は、押入れを使いやすい収納スペースにするため、あらかじめアレンジしておくことをおすすめします。

例えば、左右の片方にタンスなどを入れて、もう片方の中板を外してハンガースペースにするといった具合です。

あらかじめ押入れをアレンジするには、押し入れに入れる物を具体的にリストアップし、どれくらいのスペースが必要か事前に把握しておく必要があります。

総体積だけで考えても押し入れをアレンジしても「使える収納スペース」にすることはできません。どこに何を収納するか、しっかり考えることが大切になります。

収納する物を具体的に決めて、それに合わせた収納スペースを作ることで、初めて「使える収納スペース」として機能してくれます。

押入れの形やサイズが決まってしまっているなら、どこのどんな物を収納すれば収まりがよいか、スペースをムダにしないかを考えて収納スペースを作っていきましょう。

アイテムを駆使して、和室に「使える収納」を作る

和室の収納スペースは、「押入れ」「天袋」「地袋」の3つがメインとなります。

これだけでも十分なスペースがあると感じるかもしれませんが、奥に収納した物は出し入れがしにくいため、しまいっぱなしになりがちです。

収納スペースのムダをなくすには、奥のものをいかに出し入れしやすくするかがポイントになります。

さまざまなアイテムを駆使することで、和室の収納スペースを使いやすくできるので、ぜひ試してみてください。

押入れ用衣装ケース

高さや幅、奥行きに合わせて組み合わせて使います。引出しタイプは引出しが柱などに引っかかることがあるため、事前にサイズを測ってから購入してください。

押入れラック

収納スペースの高さを区切って使いたいときに便利なのが押入れラックです。

布団を使わないなら、中板の上下に押入れラックを入れてもよいですし、上の段は突っ張り棒などを使ってハンガースペースにしてもよいでしょう。

ハンガーラック

押入れにハンガーラックを置けば、洋服をかけた状態で押入れに収納できます。

押入れ専用のハンガーラックがありますが、収納できるサイズなら専用の商品でなくても構いません。

押入れタンス

押入れのスペースにフィットするよう作られたたんすで、奥行きの短い引出しを前後に置き、季節ごとに入れ替えて使うタイプもあります。

これ以外に、キャスター付きの衣装ケースや、押入れの下段に入れて使うワゴンもあります。

注意したいのがサイズです。あまりピッタリのサイズを押し込むと、使うときに引出しが柱などに引っかかって使えないこともあります。

ふた式収納ケースの上に物をたくさん積んでしまうと、下に置いた物が取り出しにくくなることにも注意したいところです。

今日のまとめ

内部をどう区切りで、和室の収納スペースは収納量も使い勝手も大きく変わります。

特に奥行きのある押入れは、奥の物を出し入れしやすい工夫をするだけで、使えるスペースが大きく広がります。

和室の収納スペースを上手に作ることができれば、スッキリとした印象の注文住宅を建てることができます。

大変かもしれませんが、しっかりとプランを練って和室作りに取り組んでほしいと思います。

2018年8月2日収納注文住宅, 収納