自分が幾ら借りられるのかを知ろう

年間返済額は年収で決まる

注文住宅にかかる費用は、必ずしも全額住宅ローンで借りられるとは限りません。注文住宅づくりで後悔しないためにも、自分が住宅ローンをいくらまで借りられるのかをしっかりと把握しておきましょう。

住宅ローンの借入額の上限は、住宅ローン申込者の収入に大きく左右されます。

当サイトでも何度もいっていますが、住宅ローンの審査には、満たさなければならない収入の基準があるからです。

たとえば、収入600万円の人が、総返済負担率30%までの住宅ローンを借りたのであれば、年間の返済額は180万円(毎月返済額15万円)が上限となります。

返済負担率の基準は、30~40%としている金融機関が多く、収入が多い人ほど高めに設定される傾向があります。

では、上の人のケースで年間返済額を上限いっぱいの180万円とした場合、総額でいくらまで借りられるのでしょうか?

これは、返済期間や金利をいくらに設定するかで変わってきます。

住宅ローンをいくらまで借りられるのかを表す金額を借入可能額といいますが、仮に金利を2.5%、返済期間を30年で借りるなら、借入可能額は4429万円となります。

同じ金利のままで返済期間を35年にすうるならば4895万円に、また、返済期間を30年にして金利を2%で計算すると、借入可能額は4734万円になります。

つまり、金利が安いほど、返済期間が長いほどたくさん借りられるわけです。民間の金融機関では通常、審査の金利は4%程度なので、返済期間35年で計算した金額が借入可能額の上限となります。