全焼扱いになる条件は?

住めなくなる状態は全焼扱いに

火災保険における勘違いで、意外なほど多いのが「柱1本焼け残っていても全焼にならないので、保険金が支払われない」という勘違いです。

しかし、これは完全な間違いです。

家が火事でほとんど焼けてしまったときは、保険金額を上限として修理や再築、再取得のために必要となる実際の損害額が保険金として支払われます。

柱が1本焼け残っていたとしても、住めない状態に陥っているのであれば全損(全焼)扱いになります。

保険会社によっては、「保険の対象である建物の焼失・流失または損壊した部分の床面積が、保険の対象である建物の延床面積の80%以上である損害」や「建物の損害の額が再取得価額(保険金額)の80%以上になった場合」のことを全損(全焼・全壊)の定義としていて、該当するときには保険金の全額が支払われます。

保険金が支払われるケース

全焼した場合

修理、再築、再取得のための金額が保険金額を上回った場合

延べ面積の80%以上が焼失または流失した場合

損害額が再取得額(保険金額)の80%以上になった場合

なお、損害保険金の支払いが1回の事故で保険金額の80%を超えたとき、保険契約は終了するのが一般的です。

反対に、80%を超えない限りは保険金の支払いが何回あっても、保険金額が減額されたり保険料を追徴されたりすることなく、契約は満期日まで続きます。