快適ですごしやすい『吹き抜けのある注文住宅』づくり

吹き抜けのある注文住宅を快適な住まいに
注文住宅を立てるときに人気の「吹き抜けプラン」ですが、解放感を得られる一方、冬は寒いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

たしかに吹き抜けを採用した場合、空間が広がることで暖房効果が弱まる、冷たい空気が低い場所に降りてくることで足元が冷えるといったデメリットも存在します。

以前は、住まいそのものの断熱性能が低かったこともあり、上で挙げたデメリットに多くの人が悩まされていました。

しかし、さまざまな技術を採り入れながらしっかりとしてプランを練ることで、吹き抜けによる寒さをある程度解消でき、住まいの快適性を高めることは可能です。

今日は、「吹き抜けのある開放的な注文住宅」を建てるために採り入れたい寒さ対策と、更に快適性を高める方法を紹介したいと思います。

「吹き抜けのある快適な住まい」を実現する3つのポイント

断熱性能の確保

吹き抜けのある住まいの快適性を高めるために、最初に考えるべきなのは「住まいの断熱性を高める」ことです。

方法は単純で、外壁や屋根、床下の断熱性能をしっかり確保するというもの。

冬の時期でも、野外の冷たい空気が家の中に入らず、屋内で温めた空気を外部に逃さなければ寒さを感じることもないでしょう。

冬の寒さは地域で異なりますが、その環境を踏まえてうえで断熱性能をしっかり高めることが重要になります。

また、注意したい点として、窓の面積や配置があります。住宅において、冬に室内の暖気が逃げる原因の約6割が窓と言われています。

最近の注文住宅では、ペアガラス窓の採用が当たり前になりましたが、それでも屋根や外壁に比べて窓の熱損失は大きくなります。

それだけに、窓の断熱性能をしっかり検討するかしないかで、住まい全体の断熱性能に大きな差が生まれるのです。

「吹き抜けがあっても冬暖かく暮らせる住まい」の実現のためにも、窓の大きや配置は専門家と相談し、しっかりと検討してほしいと思います。

断熱レイヤーを設ける

断熱性能を高めるのであれば、昼と夜とで制御可能なインナーレイヤー(スクリーンやカーテン)を設けるもの効果的な方法の1つです。

冬でも日中の天気が良ければ、外の自然光をできるだけ採り入れたいところですが、日が落ちると外気の影響が大きくなり、それは吹き抜け丈夫に窓を設けたときより顕著に表れます。

そこで、昼と夜で入ってくる光や冷気を成業するためにインナーレイヤーを導入することで、住まいの快適性を高めることができるのです。断熱性のあるスクリーンやカーテンを採用すれば、快適性をさらに高めることができるでしょう。

吹き抜けや階段などにある窓の内側に設置することで、日中採り入れた熱を夕方以降も家の中に留めることができます。

リフォームの場合はインナーサッシの設置をおすすめしますが、出入りの使い勝手や枠の収まりなどはしっかり確認しておきましょう。

空気を動かす

暖房機器から発生した熱を効率的に循環されるには、空気を動かすことが必要です。熱を循環させれば、部屋全体をムダなく暖められるようになります。

そのためにも、サーキュレーターやシーリングファンをなるべく高い位置に設置し、上に溜まった暖気を循環させることで室内の温度を均一化させましょう。

冬に暖気を巡回させるには、一般的に上向きの送風が良いとされています。

最近は、全方位に送付可能なサーキュレーターを安く手に入れることができるようになりました。気流制御に優れたエアコンも出てきているので、こういったものをうまく利用することを考えてみてください。

快適性を更に高める方法

上記で紹介した3つのポイントを押さえることで、「吹き抜けがある注文住宅の快適性」を高めることができます。

さらに快適性を高めたいのであれば、吹き抜け部分のことだけ考えるのではなく、住宅内の立体的なつながりに気を配ってプランニングをしたいところです。

住宅内には、リビングや個室、水回りなどいくつもの空間が隣り合っています。従来は、それぞれの部屋が独立し、廊下を介して分けられていたことで、断熱に配慮した住宅でも暖房している部屋意外は温度が低くなりがちでした。

最近の注文住宅づくりでは、部屋ごとのプライバシーに配慮しつつ、部分的な吹き抜けや可動式の間仕切りなどをうまく利用し、空間に連続性を持たせることで快適性と断熱性を確保することができるプランが増えてきています。

ただし、単純に平面的なつながりを持たせれば良いというものではありません。

上下階や日向と日陰(北と南)、昼夜の違いによって異なる熱の流れを把握し、周辺環境に基づいた季節ごとの日差しの角度、風の流れからも考慮する必要があります。

さらに建物の配置計画、軒や庇の深さ、窓の大きさや配置などのほか、外構計画も考慮することで、吹き抜けが住まいの快適性を高めるのに一役買ってくれるようになります。

このような考え方を「パッシブデザイン」と呼びますが、実は日本では古くから根付いた考え方で、昔ながらの日本家屋ではこの考え方が多分に含まれていました。

現在は住宅づくりの技術は飛躍的に進歩しているので、古き良き日本の考え方・優れた知恵を応用しながら、さらに高度な住宅づくりが可能になっています。

今日のまとめ

断熱計画をしっかり練り、空間デザインを工夫することで、吹き抜けは住まいの快適さに大きく貢献してくれる存在となります。

その実現は簡単ではありませんが、実現できれば季節を問わず1年と通して快適かつ省エネな暮らしを手に入れることができます。

住宅を建てる地域や環境にもよりますが、興味のある方は上記のポイントを踏まえたうえで専門家とよく相談し、「季節問わず快適に暮らせる、吹き抜けのある注文住宅」を実現して豊かな生活を実現を目指してください。

2018年7月29日注文住宅の間取り注文住宅, 間取り