断熱性が考慮されていない寒い注文住宅

注文住宅見積もり

寒い家にはさまざまなリスクが

断熱性を無視した寒い家では、大きな窓があるのにシングルガラスだったり、壁には断熱材が入っているのに、床下には入っていないなど様々な不具合が潜んでいるものです。

寒さや住宅内の温度差をなくす方法は色々ありますが、敷地の環境や平面計画によって採られる手法は様々です。敷地全体の平面計画が決まったら、周辺の環境を考慮しながら最適な断熱方法を選択する必要があります。

寒い家に潜む健康リスク

特に冬に注意したいのがヒートショックです。冬は室内の熱が大量に外に逃げていくため、温度差が発生しやすくなります。

その結果として、居間・トイレ・浴室の気温が大きく下がります。これらの寒くなる場所と暖かい場所を行き来することで血圧の急激な変化が起こるのがヒートショックです。

これを防ぐには、寒い場所への暖房設備の導入や保温力があるユニットバスの採用などが考えられますが、完全に防ぐにはやはり設計の時点で断熱性をしっかりと考慮する必要があるでしょう。

暑さ対策もしっかりと考慮する

冬の寒さ対策には気を使っても、夏の暑さ対策を考慮しない施主が意外といます。

冬場には高い断熱性を発揮する断熱材も、夏には逆効果になるケースがあります。本来なら夜中に起こるはずの建物内部から外への放熱が、断熱性能によって遮られ、室内に熱がこもってしまうのです。

自然換気すればいいのですが、夜中は防犯上窓を閉める必要があります。対策としては、窓ガラスは遮熱性能があるものを選び、天井扇を設けて強制的に通風する方法です。天井扇はタイマーのあるものを選んでおくと、管理が楽になるでしょう。