家族の構成に合わせた「オンリーワン住宅」を

注文住宅ブログ注文住宅

注文住宅見積もり
家族の暮らし方や生活条件がそれぞれ異なるように、家も千差万別であるべきです。

家族が何人いて、どんな暮らしをしているのか。子育てはどうするのか。どのくらいの広さと間取りが必要なのかなど、家づくりに対するこのような条件を希望条件といいます。

一方で、家づくりにはさまざまな制約がついてまわります。その中でも一番大きな制約条件が予算です。

いくら理想の注文住宅を建てたくても、ない袖は振れません。すでに土地を持っている方は、土地も制約条件になります。

地盤の強度はどの程度なのか、広さはどれくらいで、そんな形をしているのか、道に面している方角や陽当たりは良いのか、高地にあるのか低地にあるのかなど、同じ条件の土地は一つとして存在しません。

また、法的な制約条件も避けては通れません。土地には用途地域というものが決められていて、それによって容積率や建ぺい率が定められており、それに従った土地の使い方をしなければなりません。

このように、さまざまな制約条件がある中で、できるだけ希望条件を満たすには、一軒一軒「家をつくる」しかないのです。

それぞれの家族の条件に合わせた注文住宅を建てることが、これからの家づくりの原則になるのです。

注文住宅であれば、建売住宅のように不満に妥協することなく、暮らし始めてから後悔することもありませんし、品質も保証されます。

「理想の住宅」とは、あなた自身がつくるものなのです。